新型ロマンスカー、登場。
 小田急が約35億(だったか)を投じて開発、関空のターミナルを設計したことでも知られる建築デザイナー・岡部憲明氏(神戸芸術工科大教授)がデザインを担当して話題となった新型ロマンスカー50000形"VSE"。11月15日に車体を完全にラッピングした状態で(つまり形状しかわからない)相模大野に搬入され、「斬新な形だ」「どんな塗装なのか?」と注目を集めておりましたが、このたび報道公開され、その全貌が明らかになりました。

 これです。

 え・・・、
 これはICE3ですよね?
 ついでにいうと、正面はタンゴエクスプローラーですよね?

 個人的には形状はまあかっこいいと思うんだがどうも未完成感が拭えない。デザイン検討用モデルみたいで。それはもちろんほとんど白一色という塗装のせいですね。「上質感」を出したかったのかも知れないが、はっきりいって非常に安易なカラーリングだと思います。「救急車」とか「京王線」とか言われるのは覚悟していたのか?とにかく正面の真っ白ノッペリ感がいただけない。正面白一色は安全面からもあまりよくないと思う(視認性が劣るのでは?)。
 白+赤だったら、TGV Tharysみたいにするとか、FNM(北ミラノ鉄道)のマルペンサ・エクスプレスみたいに正面赤でグラデーションかけるとかすりゃよかったのに。というわけで今からでも遅くない、塗り替えようぜ!岡部は黙ってろな。

 とりあえず今回得られた教訓は
「建築デザイナーが車両デザインをすると外車をパクる」
 (南海ラピートもそう。これの正面はニューヨークセントラル・J3aの完全なパクリ)

 実物を見てないからまだなんともいえないが、まあ要するに言いたいことは「俺はけっこうガッカリしている」ということだ。
 しかし最近の日本の鉄道車両デザインにはロクなのがないな。
[PR]
by amai_mikan | 2004-11-30 07:16 | 電車
<< 新型ロマンスカー、登場。 #2 モバイル時刻表 >>