sweetorange電鉄車両工場 小田急2600形編
 前にも書いた2年半前から作りかけの小田急2600形ですが、このままだと3年越しになってしまうではないか。というわけでとっとと完成させようと思う師走の今日この頃ですが、今まで完成しなかったのには理由がありまして、それは「窓」です。
 この車両を作るのにはグリーンマックスの小田急5000/2600形キットを使ってるのですが、こいつは窓の四隅が丸くなった一段下降窓でモールドされているので実車とは形が違います(もともと9000形のキットなので仕方ないが)。というわけで角張った二段窓の2600形にすべくいろいろと検討を重ねた結果「窓の四隅を削ってカドを出す」といった涙ぐましくも非生産的な加工を実施し(一両片側16ヶ所だから4両だと128ヶ所)、そこにKATOの201系(中央線の電車)用窓ガラスをはめ込んで二段窓を表現しております(偶然売っていて、試してみたらちょうどはまった)。
 
 そんなわけで、窓ガラスの部品や構成は決まってるのですが、問題は「下の二つのどっちがそれらしいか?」というところです。

a0016192_2521511.gif <その1>
こっちは201系用部品のまま何も加工してません。なにもいじってないのですっきりした仕上がりにはなる。ちなみに
これの窓はこういう感じ。

a0016192_257428.gif <その2>
こっちは窓の上辺に銀色を塗ったパターン。図面的にいうなら実車にはこっちの方が近いが模型として見たときにはどうなのか。あと、全部の窓に同じ幅で銀色を塗らないとかっこわるい。


 というわけで、どっちにしたもんかねえ。思案のしどころではあります。
ちなみに実車は↓こんな感じ。
a0016192_3114689.gif
 やっぱり「その2」のほうがそれっぽいか。
[PR]
by amai_mikan | 2004-12-17 02:14 | 模型
<< 東京日和 深夜特急 >>