年のはじめの運試し ―福袋―
 あけましておめでとうございます。"sweetorange"は今年も区間準急のようにマイペースでぼちぼちやっていこうと思っております。なにとぞよろしく。

 さて正月といえば初詣初売り書き初め凧揚げ姫(以下略)、などなど風物詩というものがいろいろとあるわけですが、中でも初売りの楽しみといえば「福袋」ですね(強引な展開)。そんなわけで私はここで模型の福袋を(通販で)購入しました。例年2chあたりでは「鬱袋」と呼ばれ恐れられている模型関係の福袋ですが、果たしてどんなものが入っているのか?というわけでここで中身を発表してみたい。

 「2005年迎春」作って福袋 ¥15,750(税込)
●京急600形4両・塗装済みトータルキット
●JR(国鉄)101系4両キット+増結2両キット+動力1両分+台車5両分+パンタグラフ
●国鉄オハフ61形客車キット+台車
●国鉄スハニ61形客車キット+台車
●手押し車、小荷物セット(ホームのアクセサリー)

 京急600は好きな車両なんでちょうどよかった。JR(というよりやっぱ国鉄電車だなこれは)101系は、福袋(といっても箱で届いたけど)を開けて発見した瞬間「これは3両で鶴見線にするか・・・」と考えたんですがご丁寧にも6両分入っていたので、これは南武線を作れというお告げなのか。オレンジ色に塗って懐かしの中央線もいいかと思いますが。
 客車はこの2両でローカル線が開業できそうな感じ。小荷物セットのような細かいアクセサリー類はあればあるだけいろいろ使えるので良し。

 というわけで、個人的にはけっこう当たり。ほかにも完成してないものがあるのに果たして作れるのか?という気はしますが・・・今年はちゃんと休みがあるといいなあ。
[PR]
by amai_mikan | 2005-01-04 03:11 | 模型
<< はるひ野駅に参上するの巻 last train 2004 >>