ちいさきものはいとをかし。
 小学館が発行している、趣味人オヤジをターゲットにしていると思われる雑誌「ラピタ」は毎回なかなか面白いのでよく立ち読みしてるんですが(買えよ)、今月号はつい買ってしまった。なぜか?それはなんと今月号には「世界最小の『自走する鉄道模型』」のオマケなどというものが付いていたからだ!
a0016192_262942.gif
 というわけでこれがそのブツです。超ありがちな100円玉比較写真にしてみたので大きさがわかると思いますが、見よこの小ささ。just like 小指サイズ。実物の300分の1スケール・4.8mmゲージだそうです。一般的に知られている「世界最小の鉄道模型」といえばドイツ・メルクリンのZゲージ(220分の1スケール・6.5mmゲージ)がありますが、それよりさらに小さいのになんと走ります。さすがにレールから電気をとって、というわけにはいかず電池式ですが、こんな小さい模型が走るってのは素直に感動です。車両のモデルが新幹線の「試作車」(A編成)っていうのもなかなか渋い。ちなみにレールはカーブが2本だけ付属。それじゃ走らせらんないじゃねえか、と思ったら円にしたい場合は通販で買え、という素敵なメッセージが・・・。
 a0016192_2205982.gif 
 このサイズで動く、といわれたらそりゃあバラしてみようと思うわけで、さっそく分解してみました。この大きさでいったいどこに電池を積むのか?と思ったら、ボタン電池を4つ並べて使っています(写真の右側にスペースがある)。モーターはたぶん携帯のバイブレータ用かなんかでしょう。このメカを使えばいろんな車両ができそう。

 しかしこれは普通に鉄道模型なんて持ってないような人でもはっきりいって「買い」です。なにしろ980円だし。せっかくならちゃんとレールもつなげたいしもう1冊買うか?とか、やっぱこのサイト的にはもう1セット買ってロマンスカーに改造とかするべきなんだろうか、などと考えたり、まあいろいろ面白そうな模型ではあります。そういえばはるか昔、小学生のころ「俺は世界最小の鉄道模型を作るぜ!」とかいって超小さい江ノ電とか作ってたなあ。もちろん走らなかったんですけど。
[PR]
by amai_mikan | 2005-02-08 01:49 | 模型
<< sweetorange電鉄車両... いるかイルカIruCa。 >>