赤い地下鉄
a0016192_117832.gif 今月発売のRM MODELSには営団丸の内線400・500形のキットが1両分付いていますが、地下鉄大好きの俺が見逃すわけもなく速攻で購入し早速作ってみました(まだ仕上げはしてないけど)。そんなわけで作っていて思ったことをちょっと書いてみる。

●全体的にキットの出来はよい
 モールドはきれい。パーツの合いもいいが、側面の雨どいが屋根パーツと側板の境目になるのでちょっと気を使う(特に妻板との接合部)。実は赤一色で派手なので多少アラがあっても意外に目立たなかったりして救われたりする。

●プラスチックが赤成型なので、上から赤を塗っても光が透ける
 RM MODELSにもそう書いてあったが「まあそんな気にするほどのことじゃあねえだろう」とタカをくくっていたらマジで透けます。塗装するなら組み立てる前に裏側を黒かなんかで塗ったほうがいい。白いラインをステッカーじゃなく塗装で表現する場合は白を塗ることになるので問題ないですね。個人的にはこの電車は「車内がピンク」ってイメージが強いので、そういう色に塗ってもいいかと思う。

a0016192_1394342.gif●側面ステッカーの貼り方
 車体全体を通して貼ると、両開きドアの中央と波型ラインの切れ目が合わない部分ができてしまってちょっと見た目が悪い。仕方ないので余りのステッカーから一部だけ切り出してドア部だけ貼りなおしたが、車体の前寄り、後ろ寄りと分割して貼ればたぶん一発で上手くいくと思われる。

 なんでも6両編成化するための残り5両は12月リリースだとか。そんなに待ってられっかよ。というわけでついうっかり3冊買ってしまった俺は超カモです。とりあえず3両で方南町支線にでもしようと思ってます。と言っておいていきなりMetrovias(ブエノスアイレスの地下鉄)のB線仕様にしたりするかも。しかし赤い丸の内線は懐かしいなあ。
[PR]
by amai_mikan | 2005-08-31 02:00 | 模型
<< 大空と大地の中で #1 去り行く夏・去り行くもの >>