起て万国の労働者よ
 ちょっとこれはあまりにもあんまりではないか。

東武、運転室に自分の子どもを1駅間入れた運転士を解雇へ
 要するにオヤジが運転している電車に乗ってきたガキがぎゃーぎゃー騒いでうるさいので運転室のドアを開けて叱ったら中に入ってきてしまった。泣きわめいて出て行かないので仕方ないからそのまま1駅間運転した。とまあそういうことだ。
 たしかに運転室に部外者を入れるのは重大な規定違反であることは間違いないし、特に東武はわざわざ車内に「みだりに乗務員室へ立ち入ると鉄道営業法第○○条により罰せられ・・・」というプレートが張ってあったり車体の運転室ドアの横にまで「乗務員室立入禁止」と書いてある(東武沿線にはそういう奴が多いのか?)。さらにいえば、昭和42(1967)年には南海で運転席に自分の子どもを乗せていた運転士が事故ったこともある(それが原因とは言い切れないが問題であることに変わりはない。ちなみにかなり大きな踏み切り事故で死人も出ている)。要はこれは社内規定の問題ではなく立派な法律違反だ。

 それでもこれで解雇は行き過ぎじゃないだろうか。理由が故意というより過失に近いのに加え、何より今回の件では運行には何ら支障が出ていない。違反だから何らかの処分はあって当然だが、クビにする問題じゃないだろう。運転士としてあってはならない行為なら、乗務から降ろせばいい話だ。訴訟になれば会社側は敗訴じゃないかという気がする。
 さらにいえば、東武は4人が死傷した例の竹ノ塚の踏み切り事故で、少なくとも18年前から違反があり、会社側も把握していたことが警察の捜査や公判で明らかになっているにもかかわらず、本来もっとも責任が重いはずの役員は社長以下4人がたったの3ヶ月間減給20%だったということを指摘しておきたい(処分対象は35人、当事者は解雇でほかは減給や厳重注意)。

 今回の件で運転士を解雇するなら、役員は踏み切り事故で引責辞任しないとな。


追記(11/12):「処分が重過ぎる」など約1500件の意見が東武本社に寄せられたが、方針は変えないとのこと。超強力なはずの東武の労組は何のアクションもなしか?JR千葉支社だったらストになってもおかしくないと思う。

 今回の件は「子ども」や「家族」が絡んでくるという点で割とセンセーショナルな話だからこれだけ騒がれているけど、同じ交通機関の不祥事でいうなら、4月に羽田空港で閉鎖中の滑走路に着陸許可を出した管制官や関係者は訓告/厳重注意処分だったし、離陸前にドアモードを変更しなかったJALの乗務員も解雇はされていない。
 いずれも特に被害はなかったが、重大事故につながる可能性があったことは間違いない。会社が違うのだから処分内容が違うのは当然だが、今回の運転士が懲戒解雇で当然というならこれらの不祥事の際にも声があがらなければおかしいのでは?と個人的には思います。「かわいそう」とか何とかじゃなくて、要はバランス感覚の問題です。

追記(11/16):結局解雇されたようですね。懲戒解雇ってのは最高レベルの処分なんだから、重大な違反であっても結果的に重大事故に至っていない(かつ、同様の前科がない)今回のようなケースでは不適当なのではないかと思う。やっぱり解雇権の濫用ではないか?まあ実は東武が解雇→関連会社で再雇用、じゃないかと思わなくもないが。
 しかし東武の労組は何もしなかったんですか。
[PR]
by amai_mikan | 2005-11-11 01:23 | 雑記
<< ほくほく線に乗ってみる #1 上尾事件inアルゼンチン >>