mind the gap
 先日東急大井町線で走行中にドアが誤開閉する、という事故がありましたが、電車のドア関係で俺が今気になっていることを一つ。湘南新宿ラインの特快として堂々15両で首都圏大縦断のE231系近郊タイプなんですが、この前東海道線で乗っている時に(特快小田原行き、乗った区間は藤沢―小田原間)気になることがあったのです。まずは写真を見てもらいましょう。

a0016192_495881.jpg 携帯で撮ったので分かりにくいが、要するにドアの間に隙間が開きっぱなしなのです。これは一ヶ所のドアだけではなく、同じ車両内のほかのドアも見てみたらほとんど同じだった。車両はE231の中でも最新の、ドア上のLED表示機がスクロール表示するタイプです。
 この隙間は反対側の座席に座っていてもはっきりと分かるくらいの酷さだった。実は前から山手線のE231-500でもドアの間にきっぷが差し込める程度の隙間があるな、と思うことがあったので、要するにこれはこの車両単体の現象ではなくて、E231系全体に見られる現象なんじゃないか?と思うのです。ただ、同じE231系でも総武線車両では見たことがないように思う(見たぞ、という人は教えてね)。
 東急のドア誤開閉事故があった直後でもあるし、仮にも120km/h走行する車両でとにかくちょっとこれはあまりにもどうか、と思ったので俺は真相を究明し対策を要望すべくJR東日本にメールを送ってみた。「返信は一部でも引用転載するな」とか書いてあったけどこっちが送った文面は俺の著作物なので文句ないだろう。以下はその文面。(初めて送ったけど字数制限あるのね)

昨日東海道線の特別快速を利用しましたが、走行中の電車のドアに数ミリの隙間が開いたままになっていました。同一車両内の全ドアが同じ状態でした。
最新の電車なので恐らく機構的には問題ないのでしょうが、他の私鉄や従来の電車ではこのようなケースは見た覚えがありません。東急線で走行中の電車のドアが開く事例もあった折ですので、乗客としては不安を感じてしまいます。隙間風も吹き込み不快です。
何らかの対策をお考えいただければと思います。

 つづきは「2」で。

*3/23追記:
 あっさり原因がわかったので後半部削除。
[PR]
by amai_mikan | 2006-03-18 04:27 | 雑記
<< mind the gap 2 trainspotting >>