たまには地元の話をしようか
 俺は長野県在住なのにいつも関東、というか首都圏の鉄道のことばっかり書いている気がするので、今回はちょっと長野電鉄プチ特集。 

a0016192_591122.jpg 東急田園都市線が今春のダイヤ改正から長野電鉄と乗り入れを開始。直通列車は中央林間―長野を約6時間で結ぶ。写真は半蔵門線渋谷駅に停車中の長野行き。
 …というのは当然ウソで(だいたいどうやって乗り入れるんだよ)、これは長野駅に停車中の長電8500系(元東急8500)。去年の9月に3両編成2本が導入されたのだがなかなか乗る機会がなく(長電のサイトに運行予定が出ているのだが、調べてまで乗ろうってほどでもない)、この前やっと初乗車。しかしこうやって写真に撮ってみると、どう見ても「半蔵門線の地下ホームに停まってる田園都市線」としか思えない。

a0016192_59561.jpg 外見は東急マークのあった部分に長電の社紋ステッカーが張ってあるくらいで変化なし。車内は中間車が東急の更新車のような(というか、東急時代に更新された車両なのか?)バケットシート+握り棒つき、両先頭車は東急の原型仕様です。写真は先頭車の車内だが「これは長電で撮ったんです」と言わなければ東急の車内としか思えない。本家よりも改良されている点として、ドア上に青LEDの小ぶりな次駅表示装置を千鳥状に(表示機のないドアにはドア開閉チャイムのスピーカーだけ)設置。貫通路に片開きの引き戸も新設されている。
 個人的には東急系の台車ってカーブでゴリゴリいうのであんまり好きじゃないのですが、長電で乗ってみたら従来車よりも揺れず乗り心地がよかった。線路条件に合っているのか。

a0016192_5104590.jpg 現在の主力車、元営団日比谷線3000系の3500。どこからどうみても東急な8500と比べると、赤ラインが入ったりクーラーを積んだりとだいぶカスタマイズされています。俺は日比谷線時代もけっこう乗ったのだが、今となっては長野の電車にしか思えないから不思議なもんである。とはいえ、車内は営団時代の面影をかなり留めているので地下区間で乗ると昔の日比谷線の記憶がよみがえる。ちなみにクーラーは18m車なのに2台だけなので体にやさしい効き具合です。
 
a0016192_5111567.jpg 長電が自前で作った優秀車なのに廃車になってしまった哀れな車両、OS10形。正確には知りませんが、なんでも3500・3600が主力になった今となっては保守に手間がかかるとかなんとか、ということらしい。製造時期としては東急8500よりも新しいので(確か1980年製)ちょっともったいない。今も須坂の駅構内に停めてあって、ホームから見れます。結構長いこと風雨に晒されているはずなのだが状態はそんなに悪くない(ように見える)。

a0016192_5114936.jpg 須坂駅に隣接した車庫。左側は丸っこい昭和30年代デザインがいい味を出している特急車2000系。まさにネオ・クラシックカーで、今や国内の鉄道では世界遺産レベルの貴重な車両といえる、と思う。今年の秋から元小田急のHiSEが走りだすといよいよこの車両も終焉を迎えるわけで、今のうちにちゃんと記録しておいたほうがいいのだろうな。これに終点湯田中まで乗って温泉旅行、というのはなかなか旧き良き時代の湯治気分が出るので「鉄」じゃない人にも割とお勧めしたいです。ちなみに長電の特急料金は100円。

a0016192_5122564.jpg で、HiSEの長電での名称が決まりました。「ゆけむり」だそうです。とりあえず高見澤さんはおめでとうございます。
 これは「車両の」愛称募集なので「特急ゆけむり」とかいうような列車名ではなくて、この車両そのものが「ゆけむり号」という呼び名になるわけですね。しかしゆけむり…「ロマンスカー」でよくね?ロマンスカーって東武も使ってたから別に登録商標じゃないはずだし…いやべつにいいんだけど…。

a0016192_5125650.jpg 松代駅。大正11年開業。見るからに古い。とはいえ長電、というか長野県内の私鉄に共通して言えることだと思うが、物持ちがいいというか手入れが割としっかりしているのか、古い施設でも古民家のような雰囲気を醸し出していて、決してボロではない。これはいい意味で信州クオリティといえるかも。巧く工夫すれば昭和30年代みたいな写真が撮れるでしょう。しかし地下駅もあればこんな絵に描いたようなローカル駅もある長電は奥が深い。

 というわけでもう少し春になったら沿線をいろいろ歩いてみようと思っているのでした。   
[PR]
by amai_mikan | 2006-03-23 05:26 | 電車
<< 関西流儀 mind the gap 2 >>