関西流儀
 この前京都に行ってきました。といっても今回は鉄旅行ではなかったので鉄がらみの特記事項といえば阪急6300登場時の復刻版パンフ(駅で1冊1000円で販売、限定品)をゲットしたくらいですが。

 しかしやっぱり関西私鉄の電車はいいなと思った。特に阪急電車のあの車内の落ち着き加減。木目の壁に深緑のシート、そして何より広告が少ない。昔から美観のために余計なプレート類は客室に付けないという阪急だし、「広告が取れない」ということはないと思うので(あの企業規模なら自社グループ広告だけで車内埋め尽くせるだろう)ポリシーでやっているのだろうが、俺ははっきりいって最近の車内広告のウザさに辟易しているので(特にツインステッカー…あのドアの窓上にある奴)素直に称賛の声を送りたい。まあ広告が多い方が楽しい、という人にとってはつまらないだろうが、いまどきこういう「儲からない」哲学を貫くのはけっこう大変だろうと思う。

 とはいえ、その後東京で東急5050に乗ったらあの無機質でプラスティッキーな感じも機能的で悪くないよな、と思った。
[PR]
by amai_mikan | 2006-04-09 05:48 | 電車
<< 東急5050系review たまには地元の話をしようか >>