さよなら銀河鉄道
北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線、4月21日廃止。

 廃止の前日だったか、友人から「あれ?今北海道じゃないの?」という電話がかかってきた。

 いや本当は行きたかったのだが、というかかなりマジで行くつもりだったのだが、最近仕事が再び週休1日制に逆戻りしつつあって連休が取れず、そんなわけで当日は「あー23時02分、最終列車北見着だな」とか思いながら仕事をしておりました。仕方がないので通販で買った「ありがとうふるさと銀河線 メモリアルDVD」を見ながらこれを書いております。

 とりあえず去年の夏に行ったときの写真。

a0016192_461489.jpg 松本零士がデザインした999号。松本零士は廃線をどう思っているだろうか?

a0016192_47724.jpg 原野の中を走ってくる列車。のんびりしているように見える銀河線だが、ただ本数が少ないだけで列車そのものはけっこうなスピードで走っていた。車だと追っかけても追いつかない。

a0016192_474573.jpg 上の列車が走り去っていくところ。列車が通過してしまうと辺りは本当に静かになった。

a0016192_482887.jpg ムネヲのふるさと、大誉地(およち)駅。実際に鈴木宗雄はこの駅から足寄まで池北線で通学していたそうです。

a0016192_49016.jpg 大誉地駅の時刻表。上り、下りとも1日7本。


 このとき車で行ってしまったのが今となっては非常に悔やまれる。だからこそ最終日までには行こうと思っていたのだが…結局全線乗ることのないまま廃線を迎えてしまった。

 残念だけど、廃止は仕方ないかな、とも思う。車両の置き換え時期も近づいているし、北国の鉄路に共通の難題として除雪経費もかかる。そもそも北見周辺を除けば、列車の運行を支えるだけの沿線人口はすでにないのだろう。去年の夏に俺が行った時、足寄の駅には「バス廃止のお知らせ」の張り紙があった。鉄道よりコストのかからないバスの運行ですらすでに厳しい、ということだ。

 古い時刻表の地図を見るとちゃんと北海道の輪郭を描いている鉄道網は、70~80年代後半にかなりの路線が廃止された。ほかはみんなバスに転換され線路は原野に還っていったわけだが、池北線だけは第三セクター化によって廃止を免れた。特に観光地があるわけでも人目をひく車窓風景があるわけでもないが、それゆえに道外の人間には「北海道らしさ」を感じられる路線だったと思う。本来なら廃止されていたはずの池北線が「ふるさと銀河線」として少なくとも18年間は生き長らえることができたこと、それは実は奇跡的にありがたいことだったのかもしれない。

 まあ地元じゃない人間が何を言ってもアレだけど、全通以来95年、長い間ご苦労様でした。

a0016192_495099.jpg

 
さようなら、北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線。

[PR]
by amai_mikan | 2006-04-23 04:10 | 電車
<< one year after welcome to naga... >>