小田急9000形引退 其の二
 ちょっと間があいてしまいましたが9000形引退特集第2弾。

a0016192_5142566.jpg 最近小田急はやたら商売っ気があるので(関係ないけど、ついにSE車もNでモデル化されるのね)今回のフェスタでも関連グッズがいろいろ発売されておりました。というわけで手に入れた品々をご紹介。
 丸いのは引退時に取り付けていたヘッドマークを模したステッカー。縦長のは9000就役当時の列車ダイヤ(の入ってる袋)で、その上の冊子は登場時のパンフ。左上の箱はBトレインのキットです。
 ステッカーはたぶん今回のグッズの中でも一番売れたでしょう(安いし)。日付が入っているので引退時の記録的な意味合いも含め購入。しかしステッカーとはいってももったいないのでどこにも貼れない。というかもし貼るとしてもいったいどこに貼ったらいいやら。

 就役時のダイヤは2600形引退時にも売ってましたね。これは1972(昭和47)年3月15日改正ダイヤで、それまでの多種別のダイヤ(詳しくはここを見てね)から「急行・準急・各駅停車」3本立て体制に切り替わった頃のもの。これが2002年3月23日の「湘南急行・多摩急行」登場まで約30年間続いたわけです。ある意味では「小田急=遅い」というイメージを蔓延させた30年間の幕開けとも言える。もちろん新百合ヶ丘は存在しないし町田は「新原町田」です。そういえば9000は「新原町田」の方向幕を装備して登場したんだな…町田市出身者としては時代を感じるエピソード。後に2回の脱線事故を起こして中止となった「4000+1800」の併結運用がこの時点ではまだあるのも注目です。

a0016192_5155155.jpg パンフは今でも全然通用するなかなかセンスのいい表紙デザイン。厚木で撮ったと思しき見開きページの写真を見ると、ジャンパ線付きで連結器は電連なし、スカートの形状も最近のとはけっこう違っていて、30年間の変化が感じられる。巻末の路線図で、当時建設中の多摩線の終点が「多摩中央」となっているのも面白い。小さいですが「行先表示指令機」の写真でも「多摩中央」のコマが確認できます(「黒川」も入っている)。
 ブレーキ関連装置の破損防止に関する記述が多いのは、この前年(1971年)に起きた富士急の事故(踏切で車と接触しブレーキ配管が破損、暴走脱線)を踏まえてだろうか。

a0016192_516265.jpg Bトレインはこの手のイベントでは各鉄道ですっかりおなじみになりましたね。小学生の頃、紙で小田急車両の小型版をいろいろ作って「小田急(こだきゅう)線」とか言ってた俺としては、こんなのがちゃんとしたキットで、しかも電鉄が発売するなんて信じられないし嬉しい。というわけで2セット購入。
 簡単に組み立てられるのですが、クーラーを塗り分けたりとかいろいろ凝り始めるとなかなか完成しません。後ろに写ってるのは前に作った5000ですが、9000も含めて何本か揃ったら専用の(それっぽい風景の)レイアウトも作りたいなあと考えたりします。「こだきゅう線」復活させるか…

a0016192_517168.jpg で、これらを購入して雨の唐木田車庫を後にしたわけですが、当日は朝発生した千代田線の信号故障の遅れに加え、なんと午後には富水で人身事故まで起きる小田急的には最悪の日でダイヤは混乱、多摩線は小田原線との直通中止。というわけではるばる長野まで帰らないといけない俺はちょっと困ったのだが、発車案内の「臨時各停」表示を撮ろうと群がるヲタ共には笑わせていただきました。って俺も撮ってるんだけどwww考えることは同じですね。ちなみに英字表記はExtra Localだった。

 帰りの車内は当然ヲタばっかりだったのですが、なんか結構マナー悪い奴多いな…。2600形引退の時や、普段撮影してるときに遭遇する小田急ヲタはみんなちゃんとした人なんだけどなあ。鉄ヲタなんだから一般人の模範となるべく率先して良識ある行動を心がけましょう。あと、多摩センター―永山間の横揺れを「ボルスタレス台車のせいだ」と言ってた連中よ、その区間は昔からどの車両でも揺れるぞ(っていうかそれなら複々線区間の急行はもっと揺れるはずでは?)。ついでにいうと京王もその区間は横揺れが激しい。地盤が緩いんでしょうか。
 しかし多摩線の駅ってびっくりするくらいきれいになりましたね。なんだアレは公園か?。俺が使ってた頃は黒川なんてどこの田舎の駅だよって感じだったのにね。


 ・・・こうして一時代を築いた名車、9000形は引退してしまった。何度も言っているように未だに信じられないのだが、しかしそんなことはお構いなしに世代交代は容赦なく進んでおり、先日ついに5200形、5259×6の編成が運用離脱してしまったそうです。俺が沿線を離れて約3年ですが、その間の変動は本当に著しい。
 
 でもはっきりいって、ここ30年間の小田急では間違いなく今が一番面白いぞ!慣れ親しんだ車両がどんどん消えていくのは残念だが、やっと完成に近づいた(そして進み始めたら早い)複々線化や新種別の登場、次々に置き換わる車両…と、恐らくは高度成長期に戦前製の車両が新車に置き換えられた時以来か、それ以上の大転換点を迎えていると思う。
 そんなわけなので俺もちょくちょく東京には行っているのですが、沿線のみなさんはがんばって記録してくださいね。
[PR]
by amai_mikan | 2006-05-27 05:24 | 電車
<< バイオレンスシティトレインズ 有楽町で逢いましょう >>