カテゴリ:電車( 36 )
鎌倉物語
 小~中学生の頃だから何気に15年くらい前になってしまうのですが、一時期俺はかなりの江ノ電ヲタだった。それほど家から近いわけでもなかったが花火といえば江ノ島だったし釣りといえば腰越漁港だったし初日の出といえば七里ヶ浜だった。そんなわけで電車といえば江ノ電が一番だったのです。中学に上がったばかりの時、クラスの友人が鉄ヲタとわかって(今考えると鉄ヲタの友人がいたのはこの時くらいだ)、最初に「乗りに行こうぜ」といって俺が連れていったのも江ノ電だった。
 当時は600形が引退して2000形が登場したあたりで、連接車なのに車高の違う306+356のような車やら、まさに江ノ電、というような個性的な旧形車がまだまだ幅をきかせていた。観光地の路線なのにわざとらしさがなく、かといって地味でもなく、観光客にも地元の人にも愛される路線、という雰囲気がとても好きだった。実は初めて作ったまともに動く鉄道模型も江ノ電だった。
 しかし、そのうちになんだかわざとらしいエセレトロ風電車が登場したり模型も急に江ノ電のモデルが増えだしてファンが急増したりしているのを見るにつけ、なんかこのままテーマパーク化していくのかなあ、と俺的にはなんだか妙な抵抗が生まれ、いつしかだいぶ遠ざかってしまっていたのでした。

 そんな江ノ電にこの春新車が登場。廃車になった500形のイメージを生かして新車を造る、と聞いてはいたのでどうせまたエセ「レトロ調」とかなんだろ、と思っていたのですが、きわめてまっとうな電車ではありませんか。丸っこい外観も500形の雰囲気をちゃんと現代風に昇華して落ち着いたデザインになっています。まあ逆に少しおとなし過ぎるんじゃないか、と思ったりもするのでヲタとは勝手なものだが、こういうちゃんとした江ノ電の復活を待っていたのだ。

 なんか久しぶりに江ノ電乗りたくなってきたな。あのエセレトロ電車も乗ってみれば悪い奴じゃないんだろうし。
[PR]
by amai_mikan | 2006-02-11 05:02 | 電車
高千穂鉄道、廃線へ
ついにというかやっぱりというか、高千穂鉄道が廃線になることが事実上決まってしまった。9月の台風14号で橋が何ヶ所か流されて線路が寸断、正直全線復旧はないだろうと思っていたが、一部区間の復旧もない見込みだそうです。自然災害で全線が廃止になった鉄道は北陸鉄道金名線以来じゃないだろうか(何も見ないで書いてるので間違ってたら許せ)。高千穂鉄道は全国の3セク鉄道の中でも経営はかなり厳しい部類(資料によると1999年度の輸送密度は622人、営業損益は7800万円)なのでやむを得ないのだろうが、やっぱり残念だ。日本一高い鉄橋(高千穂橋梁、高さ105m)は一度渡ってみたいと思っていたのだが。また一つローカル鉄道が減ってしまう。

 すでに北海道ちほく高原鉄道、くりはら田園鉄道(宮城県)、神岡鉄道(岐阜県)は廃止が決まっていますが、これから先、各地の第三セクター鉄道の淘汰がけっこうな勢いで進むことでしょう。利用者の減少による赤字はもちろんあるが、これからは車両や施設の維持、更新費が出せずに廃止になる線が増えるだろう。鉄道ではないが、以前某村営バスで話を聞いたらやっぱりネックは車両維持費なんだそうだ。そこのバスは経年8~10年と言っていたが、少しでも延命して使うために、走行距離が長くバスが痛みやすい長距離便の減便、廃止もしていた。三セク鉄道でも国鉄/JRが廃止した路線を引き継いだ線の多くは発足から15年以上経ち、車両更新の必要が出てきている。特に三セクで導入した軽量ディーゼルカーは一般の車両より寿命が短い。実際、今後も生き残るであろう鉄道ではすでに新車の導入が始まっています。一般の民鉄でも上田交通別所線(現上田電鉄)のように、施設近代化の資金が問題で存廃が取り沙汰されている路線もある(別所線は当面なんとかなるだろうが)。今はぎりぎりで運営できていても、これらがネックで将来的に存続を断念する路線がけっこう出てくるのではないだろうか。たとえば高千穂鉄道が災害に遭わなかったとしても、車両更新費用は出せたのだろうか?
 
 ただ、三セク鉄道はそもそも民間で維持できない(けど、地域にとって必要だと思った)から運営を引き継いだのであって、そりゃ赤字は出て当然だろうと思う。もちろん経営努力はするにしても、それは覚悟の上で引き継いだんじゃないのか?それを「赤字続き」「経営難」とか言われてもなんだかなあ、と思う。その他の公営交通サービスについても同じことが言えるけれども。
[PR]
by amai_mikan | 2005-12-13 03:38 | 電車
ひきつづき世情に疎いわたくし
 西鉄の新車はけっこうびっくりしたわけですが東武も新車が出るのね。伊勢崎線・日光線用 50050型(pdf)です。これも知らなかった。

 要は東上線用50000型の本線向け別バージョンで、外見がほとんど変わらないまま地下鉄乗り入れ用車の宿命として正面貫通扉があるわけですね。貫通ドアは左側にオフセット。まあ誰もが思いつきそうなやりかたではあります。なんとなく小田急3000に千代田線乗り入れバージョンができたら同じパターンなんだろうなというのを予感させるつくり。でも50000はシンプルで良いデザインだから許せる。

 俺は以前も書いたとおり東武50000はとてもいい車両だと思ってるので、これが伊勢崎線でも走るようになれば実は便利なわりに何かと微妙な評価を受けがちな伊勢崎線のイメージも上がる気がします。というか半蔵門線を介した乗り入れ先の東急田園都市線で東武の評価が上がる気がする。今でもすでに東急の車より東武30000のほうがいい車両だもんなあ(という声は意外に一般ユーザーからもあるっぽい)。目指せ打倒東急ブランド。

 まあ、そのためには洗車をこまめにしてほしいと思うわけです>東武

 そういえば半蔵門線の案内板に(日比谷線もそうだっけか)いちいち「東武の車両です」とか表示が出るのはなんか意味があるんでしょうか。ヲタ向けサービス?
[PR]
by amai_mikan | 2005-11-02 23:23 | 電車
「福岡駅」は福岡県にはないんだぜ
 引越しの影響で未だに自宅でネット接続できないので世情に疎いです。そんなわけでまさか西鉄がフルモデルチェンジの新車をリリースするとは思ってなかった。大昔の沿線住民としては感慨深い。何しろついこの間まで俺が住んでたころの新車とほとんど同じデザインの車両が最新鋭車だったからなあ(あくまで通勤車両の話)。

 形式は3000系です。完成予想図が出ていますが、シルバーに紫がかった青+細いオレンジイエローのラインなので一瞬南海かと思った(よく見ると赤ラインも入っている)。この3色がコーポレートカラーなんだそうです。西鉄電車といえばミント味アイスのような薄いブルーグリーンに赤ラインのイメージが強いので「ブルー・イエロー・レッド」(戦隊ものみたいだ)がコーポレートカラーとはまったく知らんかった。全体の雰囲気はなんとなくJR西日本223系風ですが側面は村上、いや阪神の9000系っぽいです。おおむねあと一歩くらいのところでどこか垢抜けないデザインになってしまう(失礼、いやまあそれが味というものだ)西鉄的には実は画期的にかっこよさげな車両ではないだろうかという気がします。

 導入目的は600、700系の置き換えで、主に急行電車に使用とのことです。最後に西鉄に乗ったのは8年くらい前なので今の様子を知らないんですが、急行って主に2000系を使ってるんじゃないのか?となると玉突きで2000系がローカル運用に入るんでしょうか。俺が大牟田線沿線住民だったころは2000は看板電車で、普段乗るのは600と1000が幅を利かせていたので久々に600系に乗ってみたい気がする。あと、西鉄のことを「急行電車」って(普通でも)言う人がいるよね。あれはなぜなんでしょうか。

 そういえば以前某ネットカフェにいたら、近くにいた女の子たちが「九州に行こう」という話をしていて「なんだ福岡ってこんなに近いんだ~」と路線検索の結果を見ながらいってたんだけど、それは明らかにこっちの福岡駅だったのでそれは言ってあげたほうがよかったんだろうか。
[PR]
by amai_mikan | 2005-11-01 00:59 | 電車
中央線、新車投入。
 ついに中央線201系も置き換えか。

 JR東日本が中央快速線の車両を来年12月から順次新型車に置き換えると発表。関東の各主要路線が軒並み新車化されていく中で取り残された感があった中央線ですが、ついにきたかという感じ。ちなみに概要はこれ(pdf)。形式は誰もが予想したとおりE233です。

 完成予想図を見た感じでは今年常磐線に投入されたE531とほとんど同じ(まあE231シリーズだから側面はいじりようがないな)。正面はいままでのE231シリーズよりすこし丸みを帯びたデザインで、フロントガラスのあたりはなんとなくドイツの新型通勤電車(BR423とか)に似ているような気がしなくもない。ついでにいうとホンダの"That's"という軽自動車のリアウインドウに似てると思う。しかしステンレス車体にオレンジのラインだとJR東海と間違えそうだ。
 目新しいのは女性専用車にあたる車両は最初からつり革、荷棚の高さを5cm下げていること。全車ともつり革、荷棚の高さは201系と比較して5cm低くなるということなので、トータル10cm下がるわけですね。新製時から女性専用車対応の車内設備で登場する車両は今回が初でしょう。ちなみにつり革、荷棚の高さを一部で低くするという試みは関東では京王9000系が初めてだった気がしますが(優先席付近)、俺の知る限りは割と好評でした。
 ほかに、故障対策としてATS-Pやブレーキ制御装置、補助電源など「主要機器の二重系化」を強調していますが、これはほんとに全部各2台積むんだろうか?電動車比率もE231より上がるようですが、まあこれは多重系化というよりは高尾以遠の勾配対策ではないかという気がします。パンタグラフも多くなるようだがこれは近年のパンタを極力減らす傾向から考えるとちょっと意外です。
 
 しかし昭和の名車201系もついに終焉の時が来たのね(まあ西日本には当分残るだろうが)。小田急9000や東急8000も引退しつつある今日この頃ですが、70年代後半生まれとしてはなんだか時の流れを強く感じるのでした。
 
 
[PR]
by amai_mikan | 2005-10-08 01:33 | 電車
ロマンスカー、長野へ。
a0016192_15145374.gif
 今まで噂としては聞いていたものの、本当にHiSE10000形が長野電鉄に来ることになるとは思わなかった。小田急沿線出身住民歴20数年・現長野県在住の俺には非常に感慨深いです。
 計画では、VSE50000形導入で余剰となった3本のうち2本を小田急が長電に無償譲渡。現在の11両を4両編成化して06年秋から特急として運行予定だそうです。個人的には見た目のバランスとして5両編成のほうがいいなと思わなくもないですが、長電の湯田中駅はちょっと変わった構造で(スイッチバックしてホームに入る)、20m車3両までしか入線できないのでまあ4連化は妥当でしょう。外装は当面小田急仕様のままというのも嬉しい。ロマンスカーが走れば、小布施なんかに行く観光客も長電を使うようになるかも。しかし、かつて自社でロマンスカーのような展望席付き列車を作ろうと計画していた長電に本家本元のロマンスカーが走る、っていうのもなかなか奇遇というか何かの縁なんでしょうか。

 歴代ロマンスカーの中でHiSEが一番好きな俺にとって、この話は素直に嬉しい。長電での活躍に期待。小田急で引き続き走る1編成にも頑張ってもらいたい。
[PR]
by amai_mikan | 2005-08-14 16:01 | 電車
突然book review#1:「世界の地下鉄」
a0016192_334629.gif 最近ネット通販で見つけて衝動的に購入。要は世界142都市の地下鉄のデータ集で、昔からなぜか地下鉄が好きで旅先で地下鉄が走ってれば国内海外問わずほぼ絶対必ず乗るという俺のような人には素晴らしい本です。
 内容としては、各都市ごとの運行事業者、歴史・運行システムの概要、路線図と利用方法etc. といったところで、ヲタ的には最も関心のある車両関係は写真が多少ある位で詳しくは載っていない。考えようによっては「地球の歩き方」の交通機関ガイドが多少詳しくなった程度と言えなくもないが、何より「主要な」とかではなくて本当に全世界の地下鉄を網羅しているという点がそういった不満を補って余りある。だってモスクワの東約800kmにあるボルガ川とウラル山脈に囲まれたタタールスタン共和国の首都カザンに地下鉄があるって知ってましたか?っていうかどこだよそれ?みたいな街の地下鉄のことまで載っているのだ。

 個人的に興味深いのはやっぱり旧ソ連関係の国々。モスクワとかサンクトペテルブルグに地下鉄網があるのはまあわかるとして、カザンのほかにもタシケントとかバクー(アゼルバイジャンの首都)とかエレバン(アルメニアの首都)とかにも地下鉄が走ってるんですね。南米もあんまり知らない地域だけに面白い。さらに、巻末のデータによると現在新たに世界72都市で地下鉄建設計画があるんだそうだ(なんとバグダッドも工事中らしい)。いやあ夢がひろがりんぐwwwwwww
 ちなみに今まで乗ったことがある地下鉄を数えてみたら、東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡・札幌・ボストン・サンフランシスコ・ロンドン・パリ・マルセイユ・ミラノ・ローマ・ローザンヌ・アテネ・マドリッド・バルセロナ・カイロの20都市でした。142にはまだまだ足りんな・・・

<編集:(社)日本地下鉄協会 発行:ぎょうせい ¥3429(税抜)>
[PR]
by amai_mikan | 2005-07-16 03:06 | 電車
銀色の夏・東急の夏。
 東急が8000系(8039F)を原型の無塗装に戻して運転するそうです。

 東急ファンならけっこう嬉しいだろうなあ。しかしこれは簡単な割に効果の高いヲタ集め手段ですね。何しろ正面の赤帯ステッカーを剥がすだけでいいもんな。・・・と思ったら、正面の行先表示機を字幕式に戻す(今はLED表示)という手の込んだこともやるようでなかなか侮れない。まあ表示幕は現行仕様を使うだろうから無理だろうと思いつつも「急・渋谷」(赤地に白抜きで)の表示で運転席窓下に「急行」の札を下げて走ってくれたら東急は神になれるでしょう。7月には伊豆急仕様の8000系も走るし、今年の夏は東横線が熱いかも。しかし東急の夏といえば「スタぽん」だよなー(今もあるのか?)

 個人的には、この東急ステンレスカー原型復元は元東急7200系を使っている上田交通にぜひお勧めしたい。ステッカーはがすだけでいいし。4連にして「急行」札でもつけて撮影会やればヲタが大量に釣れるでしょう。

 2ちゃん鉄道板なんかでは「汚物」と罵られている8000系ですが、俺は東急の歴代車両の中でも、というより日本の通勤電車の中でも一、二を争う優れた車両だと思ってます。とても35年前の設計とは思えない時代を感じさせないデザイン。ステンレス無塗装の無機質な車体ながら(だからというべきか)、機能美どころか気品すら感じる。
[PR]
by amai_mikan | 2005-06-29 01:22 | 電車
Dual Mode Vehicle
 JR北海道が今年の9―10月にかけて道路も線路上も走れる「デュアル・モード・ビークル」を北見―女満別空港間で試験運行するそうです。

 これってどうなんでしょうね。モノとしてはおもしろいんだけどいまいちメリットがわからない。鉄道の交通機関としての利点は「大量高速輸送」と「定時性」だと思うんだけど、北海道なら一般道でもかなりスピード出せるだろうから特急並みの高速性が無い限りは速さという点でのアドバンテージはないし、「大量輸送」という点でも、この車両で済む程度の人数ならバスと変わらない(そもそもマイクロバス改造だし)。だったら最初っから普通のバスでいいんじゃないか、という気がする。エネルギー効率は多少いいかもしれないけど。

 というわけで利点を生かせそうな使い方を考えてみると、

・昼間に保線工事で運休になってる区間の直通用
 夜間工事より昼間のほうが人件費が安い(らしい)ので、区間を分けて昼間に保線工事。工事中の区間だけ道路を経由してあとは線路を走る。代行バス出さなくてもいいし乗客にも迷惑かけない。これは昼間保線運休の王者・JR西日本にぜひやってほしい。

・特急乗り継ぎフィーダー用
 最近は田舎に行くと特急停車駅に大駐車場があったり、逆に駐車場のあるところが特急停車駅になったりしてますね(例:竜王)。というわけで、特急の停まらない駅周辺の町内を回ってから線路に乗って特急停車駅に直行。同じホームで乗り換えできる。というのはどうよ。

・観光用
 日高線で「襟裳岬行き」とかあったらいいじゃん。あとフェリーに載せて本当に利尻島まで行く急行「利尻」とか。だったらサハリンとかロシアとか韓国とかも行けるなwwwwwwwwww

 とかが何となく思いつきますがどんなもんでしょう。まあ何だかんだ言っても営業運転始まったら乗ってみたい。
 まあ個人的には、これはローカル線末端部の切り捨てに使われるんじゃないかと思ってるのですが(線路はなくなるけど直通のDMVが走りますよ・・・とかいって)。
[PR]
by amai_mikan | 2005-06-23 01:53 | 電車
6月の雨
a0016192_1561681.gif
 <2005.6.20 12:44 篠ノ井線坂北―聖高原>
 本当は休みなのに仕事になってしまったので、腹いせに写真でも撮ろうと国道を降りてカーブを見渡す田んぼの真ん中へ。梅雨真っ只中な感じの風景の中を走る普通電車。
 特急もいいけど、たまには普通列車で旅に出たいなあ。と、走り去る列車を見ながら思ったのでした。
[PR]
by amai_mikan | 2005-06-21 01:40 | 電車