カテゴリ:電車( 36 )
突然ですが小田急2600形引退特集 其の三
 突然ですが最近私の部屋は少々とっちらかっておりまして、解決策として先日スチール製組み立て式棚などを導入したのです。で、そこにいろいろ並べていたらふと「俺ってわけわからんものいろいろ持ってるなあ・・・」ということに気が付いてしまった。ついでに「其の二」で「買ったブツについてはまた今度」などと書いていたことにも気づいてしまった。
 というわけで、その中から2600形関係のブツをご紹介。
a0016192_234871.gif
 いちばん上は見ての通り「停車駅のご案内」。そう、あの電車のドアの上にある奴です。「パスネット」の記述があって、湘南急行・多摩急行がないので、これは2000年末~02年3月22日まで使っていたものと思われます。ちなみに新宿が左側なので、新宿に向かって右側のドア上にあったやつですね(あれはちゃんと進行方向に合わせてある)。これ、幅が90cmもあってしかも結構分厚いので、もって帰ってくるのに大苦労。コンビニで売ってた紙袋に丸めてなんとか入ったのでよかったけど(剥き出しだとかなり恥ずかしいし)。実は「停車駅のご案内」の変遷にかなり興味持ってるんですが、今までのがずらーっと揃ってるところとかないですかね。
 その下は2600形就役当時の列車ダイヤ。ちょうど「60's 小田急線 種別&停車駅」の頃です。当時すでに朝は平行ダイヤ。右側は記念パスネットの台紙です。この台紙、2600形完成時の車両パンフの表紙と同じデザインになってます。パンフのレプリカもあったけど、それは残念ながら手に入らず。

a0016192_31074.gif これは上がチョロQみたいなプルバック式電車の付いてるボールペン。取り外すと走らせられます(「だから何なの?」とか言われそうだけど)。電車部分は金属製で結構重いので、正直言ってこのまま字を書くのはけっこう辛い。相鉄とかでも同じようなのを作ってるようです。



a0016192_35158.gif
 これはネットで2000個(だったか)限定で電鉄が発売した模型。ネット上で告知が出ていてどうしようかと迷ったものの(決して安くはない)結局予約してしまった。ちょっと黄色の赤みが強い気もしますがかなりよく出来てます。いろいろ細かい部分に手を加えようと思ってるんだけどなんとなく恐れ多くてまだやってません。

a0016192_3124715.gif ちなみにこいつは自分で作ってる2600形。っていうか2年前に作り始めてまだ出来てない・・・いろいろ部品を細工してはあーでもないこーでもないとやってるからですが、どうせ俺が作ってる以上何やっても大した出来にはならないんだからさっさと完成させたほうがいい気もする。

 こういうのって、別に集めようという気はまったくなくて(そもそも収集癖はあまりない)、何となく気づいたらいろいろあった、という感じなのです。でも普通の人が見たら「集めてる」と思うんだろうなあ。
[PR]
by amai_mikan | 2004-10-17 03:35 | 電車
'05 小田急線 種別&停車駅 preview
 最近は相鉄とJRが直通するとか東武特急が新宿に乗り入れ(リンク先はpdf)とか、もはや何でもありになりつつある鉄ヲタ驚天動地の世の中ですが、ここで小田急12月ダイヤ改正の発表。

 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!これは2001年春の東横特急+京王準特急登場÷2くらいの衝撃!まずなにより「快速急行」、これはでかい。下北沢―新百合ヶ丘間ノンストップですよ。どのくらいすごいかというと、二子玉川の次が青葉台だったり中野の次が立川だったり大月の次が三つ峠だったり松本の次が波田だったり(わかりにくい)するくらいすごい。冷静に見ると、江ノ島線内の快速急行停車駅は、代わりに廃止される湘南急行(短い命だったな)と同じなので、要はこのスジを転用するということでしょう。ちなみに「快速急行」という名前の登場は二回目。
 さらに、これまで小田急なら絶対に使わなそうだった「区間準急」などという種別が登場。東武かお前は。しかも「梅ヶ丘から先各駅停車」ってなんなんだいったい!まあ要は複々線化未完成区間は飛ばして走ろうということなんでしょうが(つまり世田谷代田より先の複々線化完了時点でこの種別はなくなるだろうなという推測もできる)、世田谷代田は微妙にかわいそうだ。むしろ最後まで複々線工事に反対し続けた全国一千万登戸以西沿線住民の敵・梅ヶ丘もついでに通過すればいいんじゃないだろうか(笑)。
 他にもなにげに経堂に急行が停まるようになってたりしますが、個人的にはコソーリ「ロマンスカー・サポート号」がなくなって「さがみ」に戻ってたのがGood Job!だと思った。だいたい「特急・補助号」ってなんやねん。

 しかし、12月ダイヤ改正と聞くと、2000年末の呪われたダイヤ改正(勝手に名づけた)を思い出すなあ(改正直後に踏切事故続発、極めつけは12月24日の深夜にタクシーとぶつかって終電が2時半)。そうならなければいいですけど。

前に書いた「60's 小田急線 種別&停車駅」も見てみてくださいね。
[PR]
by amai_mikan | 2004-10-07 01:17 | 電車
小田急2600形引退特集 其の二
a0016192_35255.jpg
 <写真:2004.6.5 @開成―栢山間>

 つづく、とか言っておいて結局一ヶ月経ってしまった。
 まあそれはいいとして元の話に戻ると、6月5日の朝、「あずさ」でとりあえず八王子に向かった。八王子に12時ごろ着。横浜線に乗り換え、途中町田でデジカメ用のコンパクトフラッシュを一つ買って小田急に乗った。
 乗った車両は来年にはなくなっているであろう4000形だった。廃車になる電車というのは要は時代遅れになったから廃車されるわけで、少し前ならその理由というのは「車体が小さいから」とか「冷房がないから」だった。がしかし、今や2600形や4000形みたいな、俺にとっての「普通の電車」もその範疇に含まれてしまうのか・・・と考えると、ああそれなりに歳とったんだなあ、と思ったりする。人にはいろいろな時間の尺度があるのです。
 2時過ぎに開成に着く。開成なんて降りるのは駅が開業したとき以来かもしれない(開業は俺が小学生のときで、確か1985年3月14日のはず。なんで降りたかって、もちろんできたばかりの駅を見に行ったのだ)。2600形はホームのすぐ脇の線路に停まっていて、ホームやら駅舎からも結構ヲタが写真を撮っていた。ロマンスカーが保存されている駅前の広場は出店やら物販のブースやらでにぎわっていて「縁日」の雰囲気。もっと殺伐としているかと思いきや、マターリしてていいじゃないですか。とりあえず物販コーナーで「停車駅のご案内」とかを購入後(車内にあるアレです。買ったブツについてはまた今度)、まずは駅構内で写真を撮った。
 この日、2600形の展示は4時までで、その後小田原まで行き、相模大野に回送することになっていた。これが事実上最後の運転になるわけで、せっかくなら走っているのを撮ろうと景色の良さそうなところを探して歩く。開成から小田原方面へしばらく行った線路沿いには田んぼが広がっていて、その水田の中、軽トラが一台通れるくらいの道にヲタが朝の急行並みにぎっしり並んでいる。俺もその一団に加わって2600形の通過を待った。

 そこで撮ったのが上の写真。2600形はゆっくりゆっくり走ってきて、警笛を一発鳴らして去っていった。(とかいって実はこの写真は後追い)
(つづくかも)
[PR]
by amai_mikan | 2004-07-04 03:54 | 電車
小田急2600形引退特集 其の一
a0016192_23027.jpg
 <写真:2004.6.5 @開成駅>

 ついに2600形が引退、ということで6月5日、最後のイベントに行ってきました。今でこそ中部地方N県の山奥に住んでいる俺ではあるが、もともと小田急沿線住民として二十数年間過ごしてきたので非常に馴染み深い車両なのだ。特にこの車両は準急や各停で走ることが多かっただけに「急行電車の停まらない各駅」にお住まいだった俺には本当に顔馴染み的な電車だった。そいつがついに残り一本になり、近いうちに引退するらしい、と聞いたのは去年の夏ごろ。しかも登場時の塗装に復元してしばらく走らせるという。そうなればやっぱり見に行かねばと思うわけです。
 そんなわけでこれまでもスキあらば休日に小田急線に行って写真撮って乗ってこよう、と列車ダイヤと俺の休日ダイヤを見比べつつ虎視眈々と機会を伺っていたのだったがこれがなかなか都合が合わない。奇跡的に休みが取れた5月の連休は実家の近くの多摩線やら、小田急電車にとってはたぶん一番の晴れ舞台と思われる「急行・箱根湯本行き」やらで走ると聞いていたのでカメラを持って帰ったのだがダイヤの乱れが発生・・・
 実は6月5日も最初は仕事が入っていた。しかしまあこれで本当に最後だし、その辺はなんとかやりくりして行ってやろう、いや絶対行くぜこの野郎!仕事?知ったこっちゃねえぜhehehe!と思いつつも実際は前日午前1時まで仕事してなんとか5日を休日化することに成功。翌朝の特急「あずさ」に乗って片道4時間の彼方へと向かったのでした。
(つづくと思われる)
[PR]
by amai_mikan | 2004-06-06 02:31 | 電車
60's小田急線 種別&停車駅(江ノ島線)
a0016192_24330.gif 種別の詳細については小田原線編を参照。

夏の臨時列車

 昔は夏といえば、沿線に海のある鉄道では「海水浴臨時列車」を走らせていたようですが、小田急もその例に漏れず1981年まで「夏ダイヤ」が存在しました。特に1960年代はかなり気合い入っていたようです。「快速急行」もその一例で、1962年夏ダイヤ(7月1日~8月19日)によると、朝5時40分からほぼ20分ごとに「快速急行・江ノ島行き」が走っています。上りも江ノ島発22時04分(新宿着23時12分)まであります。そしてこの期間は快速急行を優先するため、なんと昼間の準急はなし。やることが激しい。
  他に「納涼電車すずかぜ・いそかぜ」というのもあって、これは新宿を夕方に出発して江ノ島まで行って、2時間くらいして帰ってくるというもの(「すずかぜ」新宿17時30分発―江ノ島18時41分着・21時00分発―新宿22時10分着、「いそかぜ」新宿18時30分発―江ノ島19時40分着・22時00分発―新宿23時10分着、途中停車駅は下北沢・経堂・成城学園前・向ヶ丘遊園・藤沢。いずれも1962年夏ダイヤの場合)。車内にビールスタンドを設置、車内に提灯を飾ったりしたそうです。ちょっとこれいいですね。復活きぼーん(しなの鉄道とかにあるな)。
  その他にも相鉄から電車を借りるなど、いろいろとやっていたようです。活気のある時代だったってことですね。そういう時代の雰囲気ってなんかちょっと羨ましい。
[PR]
by amai_mikan | 2004-04-26 02:44 | 電車
60's小田急線 種別&停車駅(小田原線)
a0016192_2366.gif小田急線に関する本や資料はいろいろありますが、1960年代(一番種別が多かった時代)の列車種別や停車駅がまとまって掲載されているものはないような気がするので作ってみました(あるところにはあるのかも知れないが)。
 1962年のダイヤを基に、ネット上や関連書籍の記述を基に作ってあります。


特急(ロマンスカー)/準特急:
 当時あったロマンスカーの列車名。
「あしのこ」「明星」「あしがら」「さがみ」「大観」「仙石」「はつはな」「湯坂」「明神」「はこね」「乙女」「神山」「姥子」「金時」「早雲」・・・
最多時期で15種類あったらしい。停車駅は全て同じ。ロマンスカーの途中駅停車は1966年から。
 「準特急」は週末に運転された特急の補完種別(座席指定料金100円・停車駅は同じ)で1955年~1963年に運転。

特別準急:
 御殿場線直通列車(ディーゼルカー)。列車名は「銀嶺」「芙蓉」「朝霧」「長尾」の4種類。小田急線内無停車で、御殿場線松田に停車。1967年からは「連絡急行」ロマンスカーあさぎり号に変更。

快速急行:
 夏季臨時ダイヤで設定される江ノ島行き臨時列車。相模大野までの停車駅は年によって変動あり。江ノ島線内停車駅は藤沢・江ノ島のみ。

急行:
 末期には海老名停車。今の急行より早い。

通勤急行:
 現在の急行停車駅から代々木上原、新百合ヶ丘(まだ存在せず)、愛甲石田、大根(現在の東海大学前)を除いたもの。その後(1972―2004)の急行の基になった種別。

快速準急:
 1963年以降の設定と思われる(62年ダイヤには掲載なし)。休日のみ読売ランド前・鶴川停車(よみうりランド、こどもの国の行楽客対応)。他の鉄道では見られない変わった種別名。末期には海老名停車。1971年改正で廃止。

通勤準急:
 経堂通過の準急。後の千代田線直通準急とほぼ同じ。(ちなみに千代田線直通準急が経堂通過だったのは、経堂に10両編成が停まれなかったため。)

準急:
 現在の準急とほぼ同じ。60年代中頃までは喜多見、狛江、和泉多摩川にも停車。朝方の一本のみ百合ヶ丘・生田・読売ランド前通過(通称スキップ準急。割と最近まであった)。

 これ以外にも、登山客向けの新松田行き特殊急行「丹沢号」というのが休前日深夜(下り)と休日夕方(上り)にあったらしい・・・停車駅は向ヶ丘遊園・新原町田・本厚木(と思われる)。
[PR]
by amai_mikan | 2004-04-26 02:34 | 電車