<   2004年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
last train 2004
a0016192_23391139.gif それではみなさまよいお年を。

<2004.12.31 松本電鉄下り最終列車@西松本駅>
[PR]
by amai_mikan | 2004-12-31 23:49 | 雑記
百年前の電車に乗る。
 私の現在の地元電車・松本電鉄は「現存する日本最古の電車」を持っている、というのは知る人ぞ知る事実ですが、普段は車庫にしまってあるこの車両の誕生百周年を記念して一般公開するというイベントが25日にありました。題して「鉄道ファンに贈るクリスマスプレゼント2004」(という名前のイベントだった)。それはぜひ見たいぞ!というわけで仕事だったんだけどスキを見てなんとか行ってきました。
a0016192_1105391.gif
 <日本最古の電車・ハニフ1号>
 これが現存する日本最古の電車・ハニフ1号です。見るからに古めかしい。車体が木でできてるのがよくわかります。もともとは甲武鉄道(現在の中央線の一部)が1904(明治37)年に製造した、路面電車ではない普通の電車としては日本初の車両。甲武鉄道が国に買収された後は国鉄→信濃鉄道(しな鉄じゃなくて現在の大糸線)→筑摩鉄道(松電の旧社名)と流転の人生(車生か)を歩んでます。ハニフ、ということは普通車で荷物室があって車掌室がある(要はブレーキ操作ができる)というだけなので自走はできません。信濃鉄道に来たときにモーターを取り外したらしい。荷物室は松電に来てからの改造。そういえば前にどっかの駅の委託駅員のおばあさんが「これに乗って学校通ってた」と言ってたなあ。

a0016192_126847.gif 車内はこんな感じ。座席は取り外してしまったようで背もたれ(これも木製)しか残ってません。天井の明り取り窓がいい感じ。台車の板バネは一見固そうなのに乗ってみたら意外にサスペンションが効いていたのでちょっとびっくり。天井には電球がぶら下がってます。

a0016192_1431639.gif ED30形電機。これも80年くらい前の車両でアメリカ製です。これは松電が発注した車両(たぶん)。なかなかかっこいいけど今は使ってないせいか塗装は痛んでます。現役時代は貨物列車と除雪に使っていたらしい。松電の貨物廃止は割と早くて、手元の資料によると1973(昭和48)年ということなので、けっこう長いこと走ってないのかも。

a0016192_152317.gif 4年前に引退した5000形(もと東急5000)と現役の3000形(もと井の頭線3000)。5000形はずっと側線に置いたままになっててちょっと痛々しいですが「白線流し」にも出てきたので一般人にも人気高いらしい。今回は車内で車両部品とか切符の販売をしてました。

a0016192_20993.gif その5000形の中で買った超劇的爆裂貴重品と思われるきっぷがこれだ!このきっぷ、料金が「14銭」というところで古いんだなーというのはわかりますが、右上に「筑摩鉄道」と書いてあるところがポイント。松電は筑摩鉄道として1920(大正9)年に設立、2年後の全線開通時に「筑摩電鉄」に社名変更しています。ということは、これは大正9~11年の間のきっぷということ。しかも未使用新品状態。すげえええ。恐るべし松電。なんでこんなのが残ってたんだ?

 ・・・とまあ、そんなわけで貴重なものが見れたなあ、という感じです。長野県内の私鉄では一番地味な印象の松電ですが(企業としては一番潤ってる?)実はなかなか奥が深いかも。
[PR]
by amai_mikan | 2004-12-27 02:11 | 電車
聖なる鐘がひびく夜
a0016192_1485135.gif
Merry Christmas!
a0016192_149881.gif

[PR]
by amai_mikan | 2004-12-24 02:07 | 雑記
sweetorange電鉄保線区 12mmゲージ Tillig製線路編
 スイスの山岳鉄道(「氷河急行」なんかが代表的)の模型をやろうと思うと、意外にやっかいなのが線路だったりします。車両はBEMOからとてもいい出来のがたくさん出ているわけですが、実は12mmゲージの線路ってあまり使い勝手のいいのがないんですよね。BEMOの線路ははっきりいってあんまり使えないし(耐久性弱い&電圧降下しまくり)、MODELS IMONのやつは一番急なカーブでもR732だったりしてやたらでかすぎるし(要は直径1m50cmくらい)・・・といったところで発見したのが一つ下で購入の顛末を書いたこのレール。
a0016192_2293526.gif
 ドイツ・Tillig社製の12mmゲージ線路です。本来はTTスケール(1/120)用ですが全然問題ありません。見た目はちょっとエンドウのHO線路みたいな感じで、ダークグレーの道床にライトグレーでコンクリート枕木が表現されていて近代路線風。スイスの列車を走らせる分には特に違和感ないです。まあローカル線にはあまり向かないかも、という気はしますが。ちなみにレールそのものはコード83です。
 ちょっとおもしろいのは、線路を繋ぐジョイナーがKATOのユニトラックの部品(ユニジョイナー)というところで、これは日本人にとっては(どこでも調達できて)便利。線路への給電もフィーダーつきユニジョイナーを使います。
a0016192_2451694.gif
 直線は166mmが標準で、この写真は83mmの線路をフィーダーつきジョイナーで繋いで166mm長にしたもの。そのままコードを線路の下に通すと線路が浮き上がってしまうので、どっかに切り欠きをいれてコードを引き出せるようにしておくと便利と思われます(といってるけどやっていない)。

 曲線半径はR310とR353の二種類あって、俺が買ったのはR310のほうです。BEMOの線路はR330なので、R310だと通れるのかな?という気がしなくもなかったんですが実際のところまったく問題なく通過できます。一番長い客車でも車体同士ぶつかったりしないで通過できるので、恐らくだいたいの車両は通れるでしょう(高級な金属製シリーズとかフェロースイスとかは知りませんが)。まあ見た目ギリギリではありますが、脱線とかはまったくありません。
a0016192_362685.gif
 しかしR310で問題なく走るということは、Nゲージとほとんど同じくらいのスペースで「氷河急行」が走らせられるということなわけで、それってなかなか素敵なことではないかと思ったりします。
[PR]
by amai_mikan | 2004-12-21 02:18 | 模型
東京日和
 珍しく連休だったので(実は今月すでに休みが3日潰れている)、この二日間東京に行っておりました。まあ出身地(小田急沿線某所)の友人連中と忘年会だったんですが、ついでに模型屋ですこし買い物もしてきました。こっちではなかなか手に入らないものがありますからね。トーキョーには。

 「あずさ」で新宿に着いたときにはすでに暗かったんで、開いてるかな?と思いつつ行ってみたのは神田神保町の「トラムウェイ」という模型屋さん。初めて行ったんですが、普通のマンションの一室だったのでちょっと驚き。でも入ってみたらけっこうきれいでとても感じのいい店でした。ここで買ったのは前に書いたスイスの赤い山岳列車を走らせるためのレール。もともとレールはあるんですが、あんまり品質がよくないもんでもう少しいいのが欲しいな、と思っていたのです。そしたらあったんですね。ドイツ製の立派な(しかも安い)レールが。
a0016192_3174015.gif
 そんなわけで一周分とポイントを買ってきました。ほかにも路面電車とかいかにもスイスのローカル私鉄っぽい電車とかいろいろ惹かれるものがあったんですが、資金があんまりないので断念。でもなかなか楽しいところでした。
 
a0016192_3303326.gif その後都営新宿線で秋葉原に向かい(JRの駅がやたらきれいになっていて驚いた・・・つくばエクスプレスの駅ができるからか?)、小田急のワイドドア車キットとかスイスの山小屋とかいろいろ購入。いろいろ作りかけのものがあるのに果たして作れるのか?まあ、これだけあれば年末は充分楽しめますね。といっても年末年始休みないんですが。

[PR]
by amai_mikan | 2004-12-20 02:46 | 模型
sweetorange電鉄車両工場 小田急2600形編
 前にも書いた2年半前から作りかけの小田急2600形ですが、このままだと3年越しになってしまうではないか。というわけでとっとと完成させようと思う師走の今日この頃ですが、今まで完成しなかったのには理由がありまして、それは「窓」です。
 この車両を作るのにはグリーンマックスの小田急5000/2600形キットを使ってるのですが、こいつは窓の四隅が丸くなった一段下降窓でモールドされているので実車とは形が違います(もともと9000形のキットなので仕方ないが)。というわけで角張った二段窓の2600形にすべくいろいろと検討を重ねた結果「窓の四隅を削ってカドを出す」といった涙ぐましくも非生産的な加工を実施し(一両片側16ヶ所だから4両だと128ヶ所)、そこにKATOの201系(中央線の電車)用窓ガラスをはめ込んで二段窓を表現しております(偶然売っていて、試してみたらちょうどはまった)。
 
 そんなわけで、窓ガラスの部品や構成は決まってるのですが、問題は「下の二つのどっちがそれらしいか?」というところです。

a0016192_2521511.gif <その1>
こっちは201系用部品のまま何も加工してません。なにもいじってないのですっきりした仕上がりにはなる。ちなみに
これの窓はこういう感じ。

a0016192_257428.gif <その2>
こっちは窓の上辺に銀色を塗ったパターン。図面的にいうなら実車にはこっちの方が近いが模型として見たときにはどうなのか。あと、全部の窓に同じ幅で銀色を塗らないとかっこわるい。


 というわけで、どっちにしたもんかねえ。思案のしどころではあります。
ちなみに実車は↓こんな感じ。
a0016192_3114689.gif
 やっぱり「その2」のほうがそれっぽいか。
[PR]
by amai_mikan | 2004-12-17 02:14 | 模型
深夜特急
 久しぶりになにもなく平穏な休日だったのでのんびりしていたら夕方から何も食べないまま寝てしまって起きたら夜中の2時。腹が減ったのでパスタをゆでていたらなんとなくイタリアに行きたいなあと思ったので久しぶりにイタリアの列車の模型をひっぱり出してみました。ヨーロッパの中でもなぜかイタリアの列車が好きなんです。
a0016192_472315.gif
 安易な写真だなあと思いつつ撮ってみた。手前が高速特急「ユーロスター・イタリア」のETR480。後ろはアリタリア航空カラーのエアポート・エクスプレス、Ale601形です。
 そんなわけで線路も敷いて走らせてみました。しばらく動かしてなかったけど車輪を拭いたらけっこうよく走る。夜中にすこし酒をのみながら模型で遊ぶのはなかなかよい気分です。暗い?余計なお世話。ついでに他の列車もいろいろ出してきました。
a0016192_419215.gif
 やっぱり夜中がいちばんくつろげます。そういえばそろそろクリスマスの時期、こんどはスイスの赤い山岳列車を走らせたくなってきた。とはいっても明日は仕事だから今日のところは寝ましょう。
[PR]
by amai_mikan | 2004-12-12 03:02 | 模型
'04 sweetorange的新型車AWARD
あなたの流行語、今年の十大ニュースは?

 というわけで今年一年間に国内の鉄道に登場した新型車のなかから10位までをあげてみようという企画。まあ今年ももうすぐ終わりなんで、これからやたらすごい新車が出てくることはないだろうとの予想に基づいております。
 細かいこと言うと、選んだ車両のなかには登場が去年だったのもありますが、まあ「走り出したのが今年」の車両ということでそのへんはご容赦。
 では10位からcheck it out.

●10位:JR東日本 E257-500
 「さざなみ」「わかしお」用の新車。とりあえず一見してなんだこりゃああ。まあ側面はいいとして、こんなかっこわるいデザインはなかなか思いつかないぞ>正面。俺は基本的にJR東日本はよくやってると思うんですが、これはちょっとどうよ・・・まあ「車内がよければそれでいいや」ってのも方針としてはありだと思いますが。

●9位:万葉線 MLRV1000
 加越能鉄道万葉線(富山県)を引き継いだ第三セクターの路面電車に登場した国産LRV(Light Rail Vehicle=要は最新式の路面電車)。がんばってます。でも悪いんだけどこの車両、事故・トラブル多すぎです。新しい機械モノにはつきものだと思うんでなんとか乗り越えてほしい。とりあえず鉄ヲタはいろいろ買って応援しましょう。

●8位:小田急3000 防音カバー装備車
 モノレールかよ!
 床下フルカバー。技術は新型ロマンスカーに生かされたわけですが、本当に静かなんか?これ(見たことないんで)。小田急はたまにこういうわけわからんものを作るのがおもしろいところ。デザインはもうちょい考えて欲しい。

●7位:JR貨物 M250 コンテナ特急電車
 これは画期的。やっぱ日本では機関車方式より電車のほうが効率いいということですね。貨物といえば、ヨーロッパでは自社の路線と全然関係ないところで貨物列車を走らせたりしてる私鉄がけっこうあるので、日本もそうなったら面白いかも。

●6位:あおなみ線1000
 最近各地で増えてきたレディメイドというかセミオーダー的な車両ですが、ここまでシンプルだと「輸送機械」って感じで許せる。正面がゆりかもめっぽい。

●5位:東武50000
 まるっきり西武20000と同じわけですが(同じつくりなんだから仕方ないわな)、個人的にはこっちのほうがいい。しかも東武で一番稼いでるのに新車が全然入らなかった史上最強の冷遇路線東上線に投入!努力はいつかは報われるのです。登場記念にクリスマスイベントやら写真集発売やらもするそうではしゃいじゃってよいのかなー状態になってますな>東武

●4位:名鉄2000
 中部国際新空港行き新型特急。成田エクスプレスの青版じゃん、という指摘もわからなくはないがこざっぱりしてていい車両だと思います。"centrair"(中部国際空港の愛称)のロゴはわりとかっこいい。ちなみにセントレアと読みます(ずっとセントレールだと思ってた)。

●3位:横浜高速鉄道 Y500
 2月に開業したみなとみらい線の車両。車両そのものはどうってことないんだが塗装というか色が気に入ったので上位入賞です。メタリックブルーの電車なんてなかなかないし。側面の「m」をデザインしたと思われるパターンも今だからできる(技術的に)デザインだと思う。屋根が青いのもなかなかかっこいい。どうせなら車内もグレイッシュパープルとかにしてほしかった。

●2位:JR九州 九州新幹線800
 これは数ある日本の列車の中でも力作に入る部類じゃないかと。わざとらしくなく「日本」っぽさを随所に醸し出すデザイン(エクステリア・インテリア含めて)がよい。スピードと効率を突き詰めていけばどの国でも似たような感じ(ビジネスライク・無国籍)になりがちな高速列車デザインの中で「俺は日本の新幹線だぜ!」という主張があると思う。ちなみにこの車両は屋根が赤。今までの車両は屋根といえばグレーばっかりでしたが、これからは屋根も含めてデザインしていく時代なんですね。

●1位:小田急ロマンスカー50000 VSE
 なんだかんだいってこれしかないと思った。細かい部分(外観の塗装とか配色とかカラーリングとか)に不満がなくはないが、とりあえず全てのロマンスカーファンはリンク先を見よ。この気合いの入り方、奴らは本気だぜ。というわけでそこに敬意を評し、1位。

 
 全体的な感想としては、やたらと細部までこだわって凝りに凝るか、あるいは「まあどうでもいいや走れば」的投げやりデザインの二極分化的傾向が出てきたな、というところですね。とりあえず通勤電車に関してはもはやレディメイドというかセミオーダー的なやつばっかりで、昔のグリーンマックスのカタログに書いてあったのが(「正面を変えて色を塗り替えればどれも似たり寄ったりの20m4ドア通勤電車―」というような記述があった)ほんとになってきてるなあ、という感じです。まあヨーロッパもそうなってきてるしなあ。でもやっぱりちょっとつまらない気もしますね。
[PR]
by amai_mikan | 2004-12-11 15:15 | 電車
運賃改定
 東急・東武・小田急が来年3月20日から運賃改定するそうです。以前は鉄道関係のニュースといえば、「スト」「冷房車率」と並んで毎年のように「値上げ」というニュースがあった気がしますが最近はどれもあんまり見ませんね。3社の運賃改定も7年ぶり。で、各社の内容は以下の如く。

●東急が初乗りを10円値上げ:
ということは、120円になるわけですね。田園都市線の渋谷―溝の口間も上げるんだろうか?(この区間だけ今でも初乗り120円)。まあ東横線整備のためらしいのでしょうがないでしょう。しかし東横線も地下鉄13号線ができて直通するようになったら「飯能発元町中華街行き」とかいうのが走るようになるわけでしょうか。そうすると東急全6線のうち半分が さ い た ま と直結することに。

●東武は定期を1.1%値上げ:
東武って初乗りは高いけど(140円)、遠距離は安い。浅草―新藤原144.6kmで1500円だもんなあ。JRだったら2520円の距離。そんなわけで冬になるとなんとなく川治温泉とか湯西川温泉とかに行きたくなる。

●小田急は初乗り10円値下げ、代わりに定期を1.5%値上げ:
今回一番の驚きはこれ。一見「ついに京王に宣戦布告か?」と思わせておきながら実は何の値上げにも値下げにもなってないところがポイント。こういう小技を使うところといえば、京王>>>JR東≧JR西>>>>>その他、という気がしてたのでかなーり意外。こういうこともやるようになったんだねえ・・・(しみじみ)。


 ちなみに日本一初乗り運賃が安いのは若桜鉄道の60円だそうで。といっても一区間だけど、なかなかやるな(第三セクターのローカル線です)。
[PR]
by amai_mikan | 2004-12-09 06:41 | 電車
待てばカイロの日和あり #3
(#2のつづき)今回はもともと一人で行く予定だったところ、なんだか親が来ることになってしまったので(しかも母だけ―まあうちの両親が二人で行動することはほぼありえないが・・・)「鉄」な旅にはならなかったのですが、一応列車には乗ってきたのでご紹介します。エジプトの列車ってあまり知られてない気がするし。

  ちなみに乗った区間は、ルクソール―アスワン(昼)、アスワン―カイロ(夜行)です。
 ルクソールから乗るときは切符買うのに一苦労。まあかなり並ぶだろうな、と思ってはいたが「並ぶ」というより怒号の飛び交う謎の混乱状態をきたしており、とにかく窓口に手をねじ込んで金を渡した奴が勝ち。というわけで俺もエジプト人とともに窓口に殴り込みをかける。しかも窓口のオヤジがまったくやる気ない。そんなわけで俺も「おいコラこのクソじじいアスワン行きさっさと売れよゴルァ」とか叫ぶ。しかしそんな中でも、女性がくるとみんなさっと引くのには正直驚いた。「これがイスラムの教えか・・・」でも誰も祈ってなかったけど


a0016192_63171.gif<エジプトの鉄道・データ>
 アフリカ大陸最初の鉄道。1856年にカイロ―アレキサンドリア間が開通(ということは、日本より16年早い)。ナイル川流域に総延長約4400kmの路線を持ち、カイロ近郊の地下鉄以外は非電化。旅客輸送密度は日本に次いで世界2位だそうです(らしい)。
(写真はエジプト国鉄のマーク。アラビア語を図案化?)

a0016192_5433856.gif
 <アスワン駅にて>
 アスワン駅に入ってくる列車・・・といいたいところですが、これは入れ替え中です。この機関車は入換用(と思われる)。水色に赤・白・黒のライン(エジプト国旗色)が入ってます。本線用は薄いグレーに同じ色のラインが入った箱型のディーゼル機関車でした。写真は撮れてないんですが・・・。ちなみに、イギリスの影響だと思うが駅のホームは日本のように高いです。

a0016192_5485732.gif<エジプト国鉄の夜行列車>
 エジプト国鉄の寝台車(1等)。白地に緑ラインで何となく日本っぽい。白+緑塗装のほかにも、同じ塗り分けで白+赤塗装があって、こちらは座席車のよう。この客車はおそらく東欧のhalberstadt型の同型車ではないかと思うんだが・・・。車内はヨーロッパの寝台車と同じです(むしろキレイ)。

a0016192_551897.gif これも寝台車。上の車両より古いと思われます。客車の塗装は何種類かあって、グレーに窓周りが水色(一番上の写真参照)はたぶん普通列車用。急行・特急用と思われる古い客車はグレー+赤・白・黒ラインでした。客車のリニューアルをしていると思われます。あと、フランスの「ミストラル」タイプのステンレス客車もありました。もしかしたら中古か?


<カイロの地下鉄>
 カイロには今のところ、地下鉄が2本通ってます。1号線(エル・マルグ―ヘルワーン)はフランスの技術で作ったと思われ(明らかにフランスっぽい)、ゲージは1435mm、架線集電。日本の通勤電車よりもはるかに大型の4ドア電車(車体幅3mはあると思う)が9両編成で、かなりの頻度で走ってます。それでも常時満員。
a0016192_611394.gif
 写真はショブラ―ギザを結ぶ2号線。途中でナイル河底トンネルを通ります。2号線は軌間1435mm、第三軌条集電(銀座線・丸の内線と同じ)。車両は18m、片側4ドアでエアコン完備、なんとインバータ制御。ドア開閉の時に鳴るチャイムが丸の内線とそっくりです。窓枠が日本の車両っぽいので調べてみたら日本製だった(近畿車輛)。地下鉄は駅構内も明るいし、一人で乗ってる女性客もけっこういました。そういう点での治安はヨーロッパの都市より良い気がする(駅にはマシンガン持った警官&兵士がいるし)。「サダト」だの「ムバラク」だのといった大統領の名前のついた駅があるのも面白い。日本で「中曽根」とか「コイズミ」駅とかつくらないよなあ。

 カイロには、近郊のヘリオポリス方面に行く路面電車もあったんですが、これは乗れなかった。次回はぜひ乗ってみたいところ。
[PR]
by amai_mikan | 2004-12-05 06:49 |