<   2005年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
sweetorange電鉄車両工場 京王井の頭線3000系編
a0016192_225245.gif
 ●2000年3月下旬製作開始、4月下旬落成。

 京王5000系の次に作ったのがこれ。ご存知(かどうか知りませんが)7色の電車、井の頭線のピンク色バージョンです。ちなみにこのキットはクロスポイントの限定品で、今は確か吉祥寺のユザワヤでこれを組み立てて完成品にしたものを売ってます(キットで売れよと思う)。5000系キットを買ったとき、店のおっさんに「3月に井の頭の3000、7色揃えて出るよ」と言われて発売を知り、発売日(確か3月20日前後)にゲット。この色を選んだ理由は特にないんですが、なんとなくピンク色が一番井の頭線っぽい感じがします。でも、実際はもっとオレンジ色っぽい(正式な色名はサーモンピンク)。

 a0016192_2282273.gif 
 キットではダークグレーだった屋根は、実車に近い明るめのグレー(確かタミヤの飛行機用塗料)で塗装。当時、井の頭線はしょっちゅう乗ってたので観察の結果を生かしてます(というほどのことか)。個人的に画期的だったのはドアの戸当たりゴムの部分(要はドアの真ん中)に黒を色差ししたこと。試しにやってみっか、と思ってそこらへんにあった極細マーカーで線をひいてみたら、色差しする前とは重量感というかリアリティが全然違う。というわけで、これ以降の作品では全部やってます。

a0016192_2435266.gif このキットは5両分のパーツ全部込みで8000円というお買い得価格だったので、これはがんばれば7色揃えられるのではないか、いやせめて4色くらいでも・・・とか思っていたらいつの間にか売り切れ。その後アリイから出た1000系(まさかこの車両が出るとは思わなかった)の水色を購入したので、今のところ2色はあるんですが、いずれは7色揃えて吉祥寺の階段のところにある看板みたいにずらっと並べてみたいもんです。

 人によっては井の頭線=いつも混んでる、というイメージしかなかったりするかもしれませんが、これがけっこうマターリした部分もあって俺は好きな路線の一つです。特に春の夕方、渋谷行き各停(空いてる)なんかで窓開けながら走ってるのなんてとてもよいね。井の頭公園&駒場東大の桜もきれいだし東松原にはあじさいも咲くし。そういえば、神泉はかつて吉祥寺寄り2両はドアが開かなかったの、みんな覚えてますか?
[PR]
by amai_mikan | 2005-03-28 01:57 | 模型
あす、ロマンスカーで
 ついに明日3/19(土)、新型ロマンスカーVSEが運行開始。登場したときはなんだかんだ言ってたものの(今でも正面ライト周りの造形には違和感あるけど)、やっぱりこれはすごいよ。かっこいいよ。走ってるところを見ないわけにはいかねえ。というわけで今週末は小田急沿線の実家に帰ります(本当は別に用事があるんだけど)。ちなみに運行スケジュールはこんな感じです。乗ってみたいけど今からだと今週末の切符は取れないだろうなあ。ついでに、沿線のメジャーな撮影スポット(複々線区間の各駅とか座間―相武台前間とか開成―栢山間とか)はけっこうな人出になるだろうと予想。時間があればどこかで撮りたいと思ってますが、さてどうなるか。

a0016192_154464.gif
 しかしVSE登場の影で実はかなり気になってるのがHiSE(写真)の今後です。バリアフリー改造が困難とかで廃車の噂が出てますが(既に4本のうち1本は使用中止)、全部廃車になっちゃうんだろうか。この車両が登場したのは俺が小学校3年の時(1987年)で、当時のことは今でもよく覚えてます。友達とコンパクトカメラを持って写真を撮りにいったり、小田急に勤めてるという近所のおじさんにお願いして非売品のパンフをもらったり(これはいずれup予定)、初めて展望席に乗ったのもこの車両だった。友達や家族と初日の出を見に行こうと、元旦の早朝「初詣号」を待っていたら、やってきたのはなんとHiSE。「やった!」と町田駅全体に響き渡る大声で喜びましたねあの時は。展望席といっても真っ暗で何も見えなかったけど、あれはうれしかった。俺にとって「新型ロマンスカー」はどんな特急や新幹線よりもかっこいい夢の電車だったのです。
 そんなわけで今でも一番好きなロマンスカーはこいつです。なんとかせめて1本は残してほしい。頼むぜ>小田急
[PR]
by amai_mikan | 2005-03-18 02:28 | 電車
sweetorange電鉄車両工場 京王5000系編
a0016192_15261344.gif
 ●2000年2月上旬製作開始、3月上旬落成。

 突然ですがいままでに作った車両を振り返ってみる企画。

 これはちょうど5年前に作った車両です。ああもう5年経ってしまったのね・・・ちなみにこれは中学~高校時代とヨーロッパ型HOゲージ中心で「工作」をほとんどしていなかった(ヨーロッパ車両のキットはあんまりない)俺の「復帰第一作」でした。確か土曜だったと思うが、バイトが夜7時に終わってからダッシュで山手―井の頭線と乗り継いで下北沢に行き、閉店間際のGMストアで購入。この店に行くのも久しぶりだったけど、場所も変わってきれいな店になっていてちょっと驚きだった。なにしろNゲージ車両を見るのが久しぶりだったので、パッケージを開けてアイボリーに細い赤ラインの車体が入っているのを見たときは「こんなに小さいのにこれはまさに5000系だ!」と感動しましたね。
 当時の俺(大学2年)は基本的に月~土:学校、日曜:バイトという生活だったので、毎日家に帰ってから夜中に少しずつ製作を進めて、約1ヶ月で完成。このキットは車体は塗装してあるものの、床下や屋根パーツは塗装が必要なので、塗装は早く帰れた日とか、たまにある休みで家族がいない時(←重要)にまとめて作業しました。学生時代、模型を作っているときは「よし今日はさっさとレポートを仕上げて帰って続きをつくるぜ!」とか思ってやっていたので、なかなかにメリハリのある生活を送っていた気がする。あの頃の俺は頑張っていたなあ・・・

a0016192_16205496.gif そんなわけで2000年3月上旬に完成、最初は調子の良くなかった動力装置もいろいろチューニングしてかなりスムーズに走るようになり、しばらくは順調だったのですが、2002年夏に吉祥寺の某ユザワヤで「16両収納できるウレタンケース」というものを購入、入れておいたのが大失敗だった!2日くらいして取り出してみると、なんとデカールを貼った部分が黄色に変色・・・(写真の正面、車両番号と「KEIO」マークの部分)なかなかに目立つ部分だけにそれ以来ミジメな姿を晒しています。どうも発泡ウレタンから出るガスが原因で化学変化したらしい。泣ける。上からトップコートを吹いてしまったので剥がせないし。なんとかならないもんですかねえ。
[PR]
by amai_mikan | 2005-03-13 16:51 | 模型