<   2005年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
福知山線脱線事故について #4
 発生から一ヶ月経ってしまいました。
 
 事故報道の中でよく「尼崎での短時間の乗り換え」や「スピードアップ」が問題視されていたが、それら自体は決して批判されるべきものではなく、利便性向上という点でむしろ賞賛されていいと思う。本当に問題なのは、「それをどうやって実現していたか」ではないのか。

●時間通り走るのがいいに決まっている
 鉄道にとって「定時性」は他の交通機関に対する大きなアドバンテージなわけで、それを「多少遅れてもかまわないだろう」などというのははっきり言って間違っていると思う。重要なのは「遅れても我慢しよう」ではなく、極力遅れを出さない、つまり遅れが出ても回復する余裕のあるダイヤを組むとか、信号システムの改良などで、人間だけに頼らずに定時性を支えるシステムを構築することだろう。
 ついでに言えば、「わずか1分半の遅れのためにスピードオーバーなど常識では云々・・・」などと言っているメディアが一方では「○○線の電車が10メートルオーバーランしました」などと報じているのも明らかに矛盾している。駅でのオーバーランは信号機を踏んでいなければ事故でもなんでもない。今回の事故発生直前の運転士と車掌の対応を見ても分かるとおり「事後報告」で済む類のものだ。そういった些細なことについて「けが人はありませんでした」などと、さも「事故」のように報道しているメディアが「わずかな遅れのために・・・」などと言えるんだろうか。

●早く目的地に着くほうがいいに決まっている
 「危ないからスピードを落とせ」というのもおかしい。福知山線が近年のダイヤ改正で、直線区間での速度制限を120km/hに引き上げたのを問題とする意見があったが、交通機関はどんな乗り物でも「早く目的地に着く」ことが一番の命題だ。それに、同じスケジュールならばスピードが早いほうが余裕が生まれる。
 今回の事故では「制限速度一杯で走っても遅れを取り戻せないダイヤ」だったからスピードオーバーして遅れを取り返そうとしたわけで、制限速度以内で走っていれば何の問題もなかった。つまり、スピードアップで生まれた余裕をさらなる時間短縮に向けてしまったのが悲劇を生んだわけだ。要は「ダイヤの組み方が悪かった」のが問題なのであって、制限速度の引き上げが直接事故につながったわけではない。

●「新型ATS」があればいいってわけじゃない
 福知山線に設置されているATS-Swは速度照査機能がある。一般に「新型ATS」といわれているATS-Pを導入しなくても、速度制限のあるカーブに入る前に地上子を設置してあればスピードオーバーを検知してブレーキをかけられる。
 ATS-Pは確かにSwより優れた機能を持っているかもしれないが、地上子を設置していなければカーブでのスピードオーバーは検知できない。ということは、逆にいえば今のATS-Swを単純にATS-Pに置き換えただけでは意味が無い。JR西日本の安全担当部長も「ATS-Swの地上子が現場手前に設置してあれば起きずに済んだ」と会見で発言している。
 「新型ATS」があれば何でも事故は防げるかのような意見はおかしい。


 要するに、「短時間での接続」や「スピードアップ」そのものが悪いのではなく、「余裕の無いダイヤを組み、保安システムの支えもない中で、運転士にプレッシャーをかけること」によってこれらを実現していた、ということが一番の問題だと俺は思います。

*追記
 要は単純にスピードを落としたり本数を減らしたりすること(=利便性の低下)をもって「対策」なのか?ということ。さすがに余裕時分0秒のダイヤは問題だけど、他は車両運用の方法や線路改良、適切な保安システムの導入で改善できるんじゃないだろうか。速度を落とせばマスコミは満足するだろうが、JR西日本は鉄道事業者としてのプライドがあるんだったら利便性を低下させずに安全性を高める方法を考えて欲しい。
[PR]
by amai_mikan | 2005-05-26 02:24 | 雑記
radio! radio! radio!
 今度こそやります。
 "ラジオsweetorange" 21日深夜25:30(22日午前1:30)ごろから放送予定。
 ねとらじで放送します。

●1:25
そろそろはじめようかと思います。ねとらじの番組表から"ラジオsweetorange"を探してください。

●4:06
今回の放送はこの辺で終了したいと思います。
聞いてくれたみなさんありがとうございました。
[PR]
by amai_mikan | 2005-05-21 02:34 | ご案内
sweetorange電鉄車両工場 小田急4000形加工編
a0016192_2143611.gif 先日マイクロエースから出た小田急4000形を購入。2600形が出たときもかなり感動でしたがまさか4000形まで出るとは感涙の嵐です。というわけで調子こいて2セット購入。しかしこの製品、先頭車の台車が2600形のまんまじゃねえか。これじゃ4000形に見えない。というわけで、台車を交換してみました(奥:未加工品、手前:加工品)。

a0016192_1505699.gif 台車はグリーンマックスの東急TS台車を加工(左:加工前、右:加工後)。加工内容は画像を見れば一目瞭然ですが、(1)センターの穴を広げる (2)集電バネ用の穴を開ける (3)集電板がはまるように軸受けを広げる の3点です。センターの穴を広げるのは簡単そうな割に実は面倒。集電バネ用の穴のほうは、要はバネが通りゃあいいわけなので3mmのドリルで強行突破という非常にエレガントさに欠ける野蛮な方法で開けました。

a0016192_1415224.gif で、製品の台車についている集電板を組み込むわけですが、製品の台車とグリーンマックスの台車は軸距が微妙に違うので(グリーンマックスの台車のほうが狭い)そのままだと集電板が入らない。というわけで、軸受け部分を1mmのドリルで横にじわじわ彫り、微妙に拡大。つまり外観上の軸受け位置と実際の車軸位置がずれるわけですが、まあ台車が全然違うよりはいいよな(と言い聞かせる)。ちなみに実物の軸距はFS360もTS814も同じです(2200mm)。

a0016192_1572398.gif 加工した台車はそのままネジ止めすればちゃんとはまります。果たしてちゃんとライトは点灯するか?・・・点いてます。というわけでひとまずは成功。ただ、台車の取り付けについてはネジを強くしめると首を振らなくなるし、緩いと走行中にどんどん緩んできそうなのでこの点は改良の余地ありです。

 ほかにも加工したいところはいろいろありますが(スカートとか)、まあそれはまた今度ということで。しかし2600形をさっさと完成させないと。
[PR]
by amai_mikan | 2005-05-20 01:05 | 模型
潜るぜロマンスカー
 なんと千代田線直通ロマンスカー、2008年運転開始。
 これ、4月1日だったらほぼ絶対確実に100%ネタ扱いして一切信じないだろうというくらい俺的にはかなりディープインパクトです。なにしろ運転区間が「湯島―町田・本厚木」(なぜ湯島?)で、「東京メトロと連携して特急車を新造」とかあらゆる点が超ネタっぽい。だってほとんどの区間では急行すら走ってない地下鉄にロマンスカーが走るなんて今まで誰が予想しただろうか?なんというか川島令三的妄想ワールドがマジで現実のものとなりつつあるような気がする。
 
 予想ですが、リリースを見る限りは夕方下りのみの運転のようなので、新造する車両はほかの時間帯は別の運用に回すんでしょう。となると、メトロの車両は別としても、小田急側の車両はリニューアル/置き換え時期が近づいている「あさぎり」用20000形の代替も兼ねて新造するんじゃないだろうか?あと、これはきっと多摩線直通の系統もできますね。

 しかしロマンスカーは千代田線に入るし、相鉄も東武特急もJR乗り入れで新宿に来るし、地下鉄13号線ができれば東横も東武も西武も新宿通るし、数年後の東京都心部はかなり面白いことになってそうで夢が広がりまくりんぐwwwwwww
[PR]
by amai_mikan | 2005-05-18 02:40 | 電車
福知山線脱線事故について #3
 なんで今まで取り上げられなかったのか。
<ATS設置基準>国交省、JRに甘く旧型放置(5/15付毎日新聞)
 要は「大手私鉄には速度照査機能つきATSの設置を義務付けていたのに、国鉄に対する基準はなく、JR化後も見直されなかった」という内容。当サイトでは既にここで触れていますね。というかこんなの別に新事実でもなんでもなく関係者や鉄ヲタなら前から分かりきっていたこと。これは旧運輸省―国土交通省の責任問題にもつながる話で、天王寺車掌区の連中がボウリング大会後の二次会で何万円分飲んでたとかよりも、こっちのほうが重要ではないのか。
 ついでに言えば、今回の事故を機に国交省は速度照査機能付きATSの設置を義務付けるとか言っているが、それなら(すっかり忘れられているけど)3月に起きた土佐くろしお鉄道・宿毛駅での特急暴走事故のときに対策しておくべき。そのときに何らかの手を打っていれば、今回の事故は防げたかもしれない。

 こっちはけっこう注目すべき情報じゃないかと思う。
「制動数秒不能」運転士ら証言 脱線同型車両(5/14付神戸新聞)
 一部抜粋。「高速から減速した際、乗用車のエンジンブレーキに当たる「電力回生ブレーキ」が突然利かなくなり、圧縮空気を使いブレーキパッドで車輪を締め付ける「空気ブレーキ」への切り替えまでに、数秒間の「制動の空白」ができるという。」
 すでに報道されている「当該車両はブレーキが甘い」よりも踏み込んだ内容です。俺は「カーブ直前で、何らかの理由で回生ブレーキが失効したんじゃないのか?」と思っていたのですが、この内容が事実ならその可能性は高い。直前で数回もオーバーランが連続していたことを考えても、ただのヒューマンエラーだけとはあまり考えられない気がする。JR西日本のアーバン区間ってよく離線(パンタグラフが架線から離れること。回生ブレーキは離線すると作動しない)してた気がするし。

 と思っていろいろググっていたら、「営業電車の回生ブレーキ動作状況調査」という、鉄道総研の月例発表会講演要旨(pdf)を見つけた。これは回生ブレーキの可動率(指令値に対して実際どれだけのブレーキ力があったか)と信頼性を、JR西日本の新快速に無線LAN利用の測定器を積んで1年間調査した、という内容です。で、この報告書の「まとめ」には、「このシステムは既に、当発表で対象とした近郊電車以外に、当該JR会社の通勤電車にも搭載使用されている」とある。事故列車には搭載されていたのだろうか?もし積んでれば、回生ブレーキの使用状況が一発で分かることになる。まあ事故調は調べているでしょうけども。

 とにかく「責任者出て来い」「誰が悪い」だけじゃ、事故の再発は防げない。
[PR]
by amai_mikan | 2005-05-16 01:05 | 雑記
急告
事情により、今日深夜に予定していたラジオ(ネットラジオ)は延期します。

*20日深夜(21日午前)に延期予定。詳細は決定しだいお知らせします。
 いまのところ考えてる内容は、JR福知山線の事故(と報道)について。
 ほかに何かあったらぜひご意見をお寄せくださいませ。

*再度変更のお知らせ 5/19 13:26現在
 21日深夜(22日午前)に延期予定です。
 非番のスケジュールがコロコロ変わりすぎ。もう変更はないと思いますが・・・
[PR]
by amai_mikan | 2005-05-14 20:26 | ご案内
traveling
 休みをとって東京に行っておりました(暦上の連休は休みじゃなかった)。
 a0016192_2363994.gif
 行きは初めて特急「はまかいじ」に乗車。高校時代横浜線ユーザーだった俺には馴染み深い列車の割に一度も乗ったことがなかったのですが、これは便利だ!でもダイヤが微妙(松本発15時過ぎ→横浜19時前)。185系は久々に乗ったら、ロック機構のないインチキリクライニングではなくなっていたのでちょっと嬉しかった。特急なのに窓が開くのもいいです。

a0016192_2475642.gif そして車内ではお約束の小淵沢名物「高原野菜とカツの弁当」を食う。今まで中央線は飽きるほど通っているのに今まで食ったことがなかったのですが、この急行アルプスの時代というか昭和40年代登山ブームな感じのパッケージが良い。しかし食ったら眠くなってしまって、八王子でどうやって横浜線に入るのか見れなかったのでした。

a0016192_395464.gif 今回は写真を撮りに行くつもりはなかったのですが(そもそもカメラは仕事で使ってるけどよくわからない)、せっかくなんで持ってきたコンパクトデジカメで新型ロマンスカーetc.を撮ろうと狛江駅へ。最初に来た急行はけっこうよく撮れたのだが・・・

 VSEの躍動感と疾走感がよく表わされた写真ですね(切腹)。
[PR]
by amai_mikan | 2005-05-12 02:14 | 電車
鉄ヲタお買い物情報
 鉄道趣味もけっこうメジャーになってきたのかなあ。というわけでご当地モデル各種。

 まずは山梨交通。
創業60周年記念・山梨交通電車ポリストーン製モデル
 写真を見る限りプロトタイプはモハ8?材質はポリストーン、ということは窓は抜けてないのか・・・。しかもスケールが1/120と微妙。でも山交の電車の模型なんてめったにないのでちょっと欲しいかも。

 個人的にかなり注目なのが
福岡市営地下鉄3000系ダイキャストモデル
 2月開通の七隈線車両のモデル。これはNサイズでしかも4両セット、見る限り出来もかなりよさそう。製品化には福岡市交も協力してるそうです。なんでも動力化も可能らしい。と聞くと、地下鉄大好きの俺としてはかなーり惹かれます。七隈線かっこいいし

 ちなみに、鹿島臨海鉄道のマリンライナーはまなす号は高すぎて手が出ません。
[PR]
by amai_mikan | 2005-05-08 12:18 | 模型
安全について本気出して考えてみる(福知山線脱線事故 #2)
 21世紀の日本で、まさか100人以上の犠牲者が出る鉄道事故が起こるとは思わなかった。鉄ヲタとして、鉄道の安全設備について考えてみたいと思います。


●ATSはどうなっている?
 列車事故があると必ず出てくる言葉「ATS」(Automatic Train Stop 列車自動停止装置)。要は赤信号や減速表示を無視した場合に非常ブレーキが作動する装置。今回の事故では「速度制限区間なのにATSが対応していなかった」と指摘されています。

・福知山線のATSシステムはどうなっていた?
 ATS-Sw形を使用。これはどういうシステムかというと、旧国鉄時代のATS-S形(赤信号だとベルが鳴るが、確認操作をすれば突破できる。1989年のJR東日本総武線・東中野駅衝突事故で問題になった)をJR西日本が改良して、停止信号突破不可&地上側で設定した速度以上で通過した場合は非常ブレーキ作動、などの機構を加えたもの。だからシステム的に速度オーバーを検知できないわけではない。ただし、地上側のセンサー(地上子)がないと速度チェックできない。
 JR東日本は東中野事故以降、首都圏の路線を常時速度チェックできるATS-P形に交換した。今回の福知山線の事故車も、車両自体はATS-P形に対応している(尼崎から乗り入れるJR東西線がATS-P設置路線なので)。考えようによっては、速度超過で遅れを取り戻すのが常態化しているなら、速度チェック機構はないほうがいい、とも言える。東中野事故も、遅延回復のためにATSの確認操作だけして運転を続行するのが常態化していたのが事故につながった。

 ちなみに、日本で最初にATSを装備したのは、昭和2(1927)年開業の地下鉄銀座線。地下鉄は開業時からATSがあった。このときのシステムは、赤信号だと線路上にアームが立ち上がり、車両に付いているブレーキコックにぶち当たって非常ブレーキがかかるという単純な仕組み。でも、最初から安全装備を考えていただけあって、地下鉄では(運転操作のミスによる)重大事故は起きていない。
 あと、私鉄のATSは常時速度チェック機能をつけるように運輸省が定めていたので(国鉄が民営化してJRになるときに廃止)、安全性は高い。


●運転士が運転中に気絶したらどうなる?
 今回の事故でも、発生直前に運転士氏が運行指令の呼び出しに応答しなかったことなどから「運転士に異変があったのでは?」という意見が聞かれる。そういう場合の保安システムとして「デッドマン装置」と「EB装置」がある。

・デッドマン装置
 なんか嫌な名前の装置ですが、これはマスコン(master controller)のハンドルを握っている握力が弱まると、バネの力でハンドルが跳ね上がったりして、速攻で非常ブレーキがかかるシステム。新人だと、うっかり手を離して作動させちゃったりすることもあるらしい。私鉄車両はだいたい付いているが、JRはあんまり装備してない(もしかしたら全然ないかも)。今回の事故車、JR西日本207系にはない。

・EB(Emergency Brake 緊急停止装置)
 これは運転士が1分間何も機器操作をしなかった場合にブザーが鳴って、5秒以内に何らかの操作をするか、解除ボタンを押さないと非常ブレーキがかかる仕組み。JR西日本207系も装備している。

 こういったシステムがあるので、一応は運転士の「不測の事態」にも対応できるようになってはいる。ただ、EBは1分間なら暴走できてしまうシステムともいえる。


●過密ダイヤが事故を招いた?
 「過密」という言い方が既にネガティブなので微妙だが、密度の高いダイヤ=危険、ではない。密度の高いダイヤを支えるシステムがあって、乗務員や車両の運用上無理のあるスケジュールを組んでいなければ問題はない。例えば東京の地下鉄はずっと昔から分刻みのダイヤで、乗り入れ列車も多く走っているけど、運転操作上のミスによる大事故は起きていない。
 ちなみに、鉄道のスピードアップは「所要時間の短縮」以外に、折り返しサイクルを早くすることによって乗務員や車両の数を減らしてコストダウンできるという(経営側の)メリットもある。そのために、運転士と車掌がホームをダッシュして交代しないと折り返せないような余裕のないダイヤを組む鉄道もあったりする。JR西日本のアーバンネットワークがそういった目的でスピードアップを図っているかどうかはわからないが、駅での停車時間をかなり削っているのは確か。今回の事故も、どこかの駅で1分30秒の停車時間があれば、速度オーバーしなくても時間調整できたはず。


 今のところ、速度超過による脱線が事故の主要因という流れになってきていますが、今のマスコミの論調だと、ヒューマンエラー的な面(運転士氏の過去のオーバーランetc)ばっかりが強調されて終わってしまう気がする。機器故障の可能性が追及されてないのはなぜだろう?
 事故調査委の発表だと、線路からの逸脱はR=300mの曲線手前の緩和曲線で起きているようだし、単純な速度超過なんだろうか?161人もの死者を出した1963年の鶴見事故では「せり上がり脱線」が原因として浮上し、貨車の車輪断面形状の改良などがされたというし、もしかしたら今まで分かっていなかった新たな現象があるのかもしれない。しっかりした原因究明がなされることを望みます。
[PR]
by amai_mikan | 2005-05-01 03:12 | 雑記