<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
天地創造
 突然ですが最近になって引っ越しました。別に好きで引っ越したわけではなく転勤です(しかも内示があったのは異動の13日前で引越しに伴う休みは特になし。まったくひでえ話だ)。というわけで今は長野市に住んでおります。長野は長電もしな鉄もあるし(しかも一応移動手段として使える本数がある)、新幹線も走っているので鉄ヲタ的にはけっこう面白いところかもしれません。特に長電はちゃんとした地下区間もあれば複線区間あり単線ローカル区間もありでなかなか楽しい。

 まあそれはいずれ触れるとして、新居は前の部屋より狭くなってしまいました。その分家賃も下がってるからまあいいといえばいいのだが、俺には部屋が狭くなると非常に困る点がひとつある。それは
「線路が敷けない」

ということだ。
 そんなわけで引越してきた時からさっさと鉄道用地を確保しておこうと思ったわけです。「そのうち」とか「いつか」とか言ってるとほぼ確実にただの物置場所と化して終わりなのは目に見えているのだ。
 で、こういうものを作ってみました。
a0016192_23594257.gif
 要するにただ線路を置いておくのも芸がないし場所を食うだけなので収納を兼ねて風景らしきものを作ってみようというわけです。といっても木工で台枠を組んだりはせずどこにでも売ってるようなプラスチック製の収納ケースを3つ並べて上に発泡スチロール板を載っけてあるだけ。メンテや手間のかかる工作は省こうというJR東日本の新型電車的発想です。
 ちなみに俺はヨーロッパ型HO/HOm/日本型Nと主に3種のスケールをやっているので、線路さえ置き換えれば全スケールに対応できるように、ボードのサイズも俺が所有する中で一番大きいHOの線路(Fleischmann製レール、曲線半径R356.5)が敷けるように奥行きを78cmとってある(長手方向はケースの大きさ:43cm×3に合わせて129cm)。つまり線路さえ変えればスイスアルプスにもトスカーナにもアフリカのサバンナにも多摩丘陵にもなる。非常にグローバルで大雑把な発想です。

 そういう包容力ある風景といえば草原しかない(そうか?)。というわけでボードの表面は草原らしき感じにしてみた。よく草原の風景を「まるで緑のじゅうたんのような・・・」とか言ったりしますが、だったら本当にじゅうたん張っちまえばよくね?というわけで模型用のマットではなく日本全国津々浦々のホームセンターで売ってると思われるような緑色のパンチカーペットを張ってあります。実はこのほうが安いし走行音も静かになるという副産物的効果もある。そのままだとビリヤード台のように真緑なので、黄色のスプレーを適当に吹いて黄緑にしてみたがけっこうそれらしく見える。スイスの山小屋なんかを置くとまさにおしーえてーおじいーさんーって感じです。

 というわけで非常に安易なレイアウトですが、今後いろいろ木やら建物やらを増強していきたい所存。
[PR]
by amai_mikan | 2005-10-28 01:05 | 模型
中央線、新車投入。
 ついに中央線201系も置き換えか。

 JR東日本が中央快速線の車両を来年12月から順次新型車に置き換えると発表。関東の各主要路線が軒並み新車化されていく中で取り残された感があった中央線ですが、ついにきたかという感じ。ちなみに概要はこれ(pdf)。形式は誰もが予想したとおりE233です。

 完成予想図を見た感じでは今年常磐線に投入されたE531とほとんど同じ(まあE231シリーズだから側面はいじりようがないな)。正面はいままでのE231シリーズよりすこし丸みを帯びたデザインで、フロントガラスのあたりはなんとなくドイツの新型通勤電車(BR423とか)に似ているような気がしなくもない。ついでにいうとホンダの"That's"という軽自動車のリアウインドウに似てると思う。しかしステンレス車体にオレンジのラインだとJR東海と間違えそうだ。
 目新しいのは女性専用車にあたる車両は最初からつり革、荷棚の高さを5cm下げていること。全車ともつり革、荷棚の高さは201系と比較して5cm低くなるということなので、トータル10cm下がるわけですね。新製時から女性専用車対応の車内設備で登場する車両は今回が初でしょう。ちなみにつり革、荷棚の高さを一部で低くするという試みは関東では京王9000系が初めてだった気がしますが(優先席付近)、俺の知る限りは割と好評でした。
 ほかに、故障対策としてATS-Pやブレーキ制御装置、補助電源など「主要機器の二重系化」を強調していますが、これはほんとに全部各2台積むんだろうか?電動車比率もE231より上がるようですが、まあこれは多重系化というよりは高尾以遠の勾配対策ではないかという気がします。パンタグラフも多くなるようだがこれは近年のパンタを極力減らす傾向から考えるとちょっと意外です。
 
 しかし昭和の名車201系もついに終焉の時が来たのね(まあ西日本には当分残るだろうが)。小田急9000や東急8000も引退しつつある今日この頃ですが、70年代後半生まれとしてはなんだか時の流れを強く感じるのでした。
 
 
[PR]
by amai_mikan | 2005-10-08 01:33 | 電車