<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ほくほく線に乗ってみる #1
 最近、以前に比べて休みが増えました。週休平均1.25日くらいから1.75日くらいに。それじゃあどこかに行こうということで特に用はないけど北越急行ほくほく線に乗ってきました。ここは新幹線以外では日本で一番早い160km/hの特急やら天井に星空を映し出す電車やらなんだか面白そうなので一度乗ってみたかったのだ。

 そんなわけで11月27日日曜日、長野発13時37分の直江津行き普通電車で出発。実は信越線の長野-長岡間は今まで乗ったことがなかったので今回が初乗りです。この区間は一応「本線」なのに長野新幹線開通以後はすっかりローカル線になり特急も急行も快速もなく本数も少ないのでどうせ誰も乗らないだろう、と思ったらホームにはけっこう多くの乗客が並んでいて、3両編成のほぼ全席が埋まって発車。半数以上は長野市近郊の牟礼までで降りたが、ほかの客はほとんどが直江津まで乗り通したのも意外だった。直江津から長野に買い物にでも来るんだろうか?個人的にはそれなら富山に行ったほうがいいような気もする(といっても、富山に買い物するところがあるかどうかは知りませんが)。
 ほぼ中間の妙高高原までは山間部の川沿いをうねうねと走る信州にありがちな車窓風景で、なんとなく中央線の塩尻-辰野間を思い出す。長野県内は晴れていたのに新潟県に入ったら雨。たまに車輪が滑っている音が聞こえた。直江津着は15時8分。時刻表を見ると1分後に発車する特急「はくたか」と、15時30分発の普通があったのでどっちに乗ろうかと思ったが、車掌が乗り換え案内で「次のほくほく線は3時30分」と特急をあっさり無視していたので、ああこれは無理だなと思って普通に乗ることにした。
 
 a0016192_23134323.jpg
 さて、ほくほく線です。本当の始発駅は犀潟ですがほとんどの列車が直江津から出ている。電車の雰囲気はよくある第3セクターのディーゼルカーをそのまま電車にした感じで、模型を作ったらけっこういいだろうと思う。この列車は2両編成で、前寄り1両は転換クロスシート車、後ろは普通のボックスシートだった。この日見た限りでは、普通列車は基本的に2連で六日町寄りが転換クロス車のようだ(実はこの車両が天井に星空を映し出す「ほしぞら号」だった。この日はやってなかったけど)。直江津を発車した時点で車内はほぼ満席。「北越急行は特急が通過するためにある路線」といわれているので普通列車はガラガラだろうと思っていたのだがけっこう驚いた。
 
 直江津から本当の始発駅、犀潟までは信越線を走る。間にある黒井駅は普通列車なのに通過。犀潟は始発駅らしさは微塵もない普通のさびれた中間駅だった。やっぱりバブル後に開通した路線だから質素なのか?
 犀潟を出ると右にカーブして信越線をオーバークロスしほくほく線に入る。そのカーブの内側に「ブルボン ルマンド」と書かれたでかい工場を発見!そう、あの「ルマンド」です。そういえばブルボンは新潟の会社だった。しかしこの巨大工場でひたすらルマンドばっかり作ってるのだろうか?ということはほかに「ホワイトロリータ工場」とかもあるのか?俺ははっきりいってブルボン製品は好きなのでぜひ見学したいもんだ。

a0016192_2349424.jpg 特に高架線にする必要性の感じられない景色の中をひたすら突っ走る。しばらく走ると「くびき」に停車、10人くらいの客が乗ってくる。ここから先は山間部に入り、トンネルを出ると駅-またトンネル-駅、という感じになる。駅があるのは、どこもはっきりいってバス停が2つもあれば充分じゃないかと思われるような集落。でも、どの駅でも降りる客、乗る客ともにけっこういる。地図で見てみると、ほくほく線と平行して各集落を結ぶ国道253号はけっこうグネグネなのに対して、ほくほく線はひたすらトンネルと高架でぶち抜いて各地をピンポイントで結んでいる。速さと雪への強さで(都市部だと信じられないが、一般的に鉄道は雪に強い。特にほくほく線は強いそうだ)実はけっこう地元の人にも重要な路線なんじゃないだろうか?十日町のひとつ手前、割と大きな街「まつだい」からはついに座れない客も出た。

 16時18分ごろ十日町着。とりあえず降りてみた。
(たぶんつづく)

[PR]
by amai_mikan | 2005-11-28 00:35 |
起て万国の労働者よ
 ちょっとこれはあまりにもあんまりではないか。

東武、運転室に自分の子どもを1駅間入れた運転士を解雇へ
 要するにオヤジが運転している電車に乗ってきたガキがぎゃーぎゃー騒いでうるさいので運転室のドアを開けて叱ったら中に入ってきてしまった。泣きわめいて出て行かないので仕方ないからそのまま1駅間運転した。とまあそういうことだ。
 たしかに運転室に部外者を入れるのは重大な規定違反であることは間違いないし、特に東武はわざわざ車内に「みだりに乗務員室へ立ち入ると鉄道営業法第○○条により罰せられ・・・」というプレートが張ってあったり車体の運転室ドアの横にまで「乗務員室立入禁止」と書いてある(東武沿線にはそういう奴が多いのか?)。さらにいえば、昭和42(1967)年には南海で運転席に自分の子どもを乗せていた運転士が事故ったこともある(それが原因とは言い切れないが問題であることに変わりはない。ちなみにかなり大きな踏み切り事故で死人も出ている)。要はこれは社内規定の問題ではなく立派な法律違反だ。

 それでもこれで解雇は行き過ぎじゃないだろうか。理由が故意というより過失に近いのに加え、何より今回の件では運行には何ら支障が出ていない。違反だから何らかの処分はあって当然だが、クビにする問題じゃないだろう。運転士としてあってはならない行為なら、乗務から降ろせばいい話だ。訴訟になれば会社側は敗訴じゃないかという気がする。
 さらにいえば、東武は4人が死傷した例の竹ノ塚の踏み切り事故で、少なくとも18年前から違反があり、会社側も把握していたことが警察の捜査や公判で明らかになっているにもかかわらず、本来もっとも責任が重いはずの役員は社長以下4人がたったの3ヶ月間減給20%だったということを指摘しておきたい(処分対象は35人、当事者は解雇でほかは減給や厳重注意)。

 今回の件で運転士を解雇するなら、役員は踏み切り事故で引責辞任しないとな。


追記(11/12):「処分が重過ぎる」など約1500件の意見が東武本社に寄せられたが、方針は変えないとのこと。超強力なはずの東武の労組は何のアクションもなしか?JR千葉支社だったらストになってもおかしくないと思う。

 今回の件は「子ども」や「家族」が絡んでくるという点で割とセンセーショナルな話だからこれだけ騒がれているけど、同じ交通機関の不祥事でいうなら、4月に羽田空港で閉鎖中の滑走路に着陸許可を出した管制官や関係者は訓告/厳重注意処分だったし、離陸前にドアモードを変更しなかったJALの乗務員も解雇はされていない。
 いずれも特に被害はなかったが、重大事故につながる可能性があったことは間違いない。会社が違うのだから処分内容が違うのは当然だが、今回の運転士が懲戒解雇で当然というならこれらの不祥事の際にも声があがらなければおかしいのでは?と個人的には思います。「かわいそう」とか何とかじゃなくて、要はバランス感覚の問題です。

追記(11/16):結局解雇されたようですね。懲戒解雇ってのは最高レベルの処分なんだから、重大な違反であっても結果的に重大事故に至っていない(かつ、同様の前科がない)今回のようなケースでは不適当なのではないかと思う。やっぱり解雇権の濫用ではないか?まあ実は東武が解雇→関連会社で再雇用、じゃないかと思わなくもないが。
 しかし東武の労組は何もしなかったんですか。
[PR]
by amai_mikan | 2005-11-11 01:23 | 雑記
上尾事件inアルゼンチン
 アルゼンチンで列車の遅れにキレた客が暴徒化、列車に放火

 いやーすごいね激しいねアルヘンティーノ。列車が遅れた程度でそこまでキレるか?この話を聞いて「上尾事件キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!! 」と思ったのは俺だけではないでしょう(上尾事件についてはここを参照)。死人が出なかったのが不幸中の幸いです。
 で、暴動が起きたのはブエノスアイレス近郊路線を運営するTBA(Treno de Buenos Aires)のHaedo駅。路線図を見る限り主要駅っぽい。というか本数もかなり多い。TBAのサイトがスペイン語しかないので路線について詳しくわからないのが残念。サイトの運行状況を見る限りは各線ともそんなに遅れてないような感じですが実際はどうなのだろう。写真を見ると第3軌条集電の路線のようです。ブエノスアイレスは地下鉄も旧丸の内線や名古屋市営地下鉄の車両が走ってるし、正面が小田急9000形そっくりな近郊電車もあるので(今回の路線ではないようだ)ちょっと興味あるところではある。

 しかし今回の件、実際のところは単なる暴動ではなく意図的に先導した奴がいたようだ。まあ列車が遅れた程度でいちいち火付けてたら中央線とか暴動だらけになりそうだしなあ。
[PR]
by amai_mikan | 2005-11-03 02:24 | 雑記
ひきつづき世情に疎いわたくし
 西鉄の新車はけっこうびっくりしたわけですが東武も新車が出るのね。伊勢崎線・日光線用 50050型(pdf)です。これも知らなかった。

 要は東上線用50000型の本線向け別バージョンで、外見がほとんど変わらないまま地下鉄乗り入れ用車の宿命として正面貫通扉があるわけですね。貫通ドアは左側にオフセット。まあ誰もが思いつきそうなやりかたではあります。なんとなく小田急3000に千代田線乗り入れバージョンができたら同じパターンなんだろうなというのを予感させるつくり。でも50000はシンプルで良いデザインだから許せる。

 俺は以前も書いたとおり東武50000はとてもいい車両だと思ってるので、これが伊勢崎線でも走るようになれば実は便利なわりに何かと微妙な評価を受けがちな伊勢崎線のイメージも上がる気がします。というか半蔵門線を介した乗り入れ先の東急田園都市線で東武の評価が上がる気がする。今でもすでに東急の車より東武30000のほうがいい車両だもんなあ(という声は意外に一般ユーザーからもあるっぽい)。目指せ打倒東急ブランド。

 まあ、そのためには洗車をこまめにしてほしいと思うわけです>東武

 そういえば半蔵門線の案内板に(日比谷線もそうだっけか)いちいち「東武の車両です」とか表示が出るのはなんか意味があるんでしょうか。ヲタ向けサービス?
[PR]
by amai_mikan | 2005-11-02 23:23 | 電車
「福岡駅」は福岡県にはないんだぜ
 引越しの影響で未だに自宅でネット接続できないので世情に疎いです。そんなわけでまさか西鉄がフルモデルチェンジの新車をリリースするとは思ってなかった。大昔の沿線住民としては感慨深い。何しろついこの間まで俺が住んでたころの新車とほとんど同じデザインの車両が最新鋭車だったからなあ(あくまで通勤車両の話)。

 形式は3000系です。完成予想図が出ていますが、シルバーに紫がかった青+細いオレンジイエローのラインなので一瞬南海かと思った(よく見ると赤ラインも入っている)。この3色がコーポレートカラーなんだそうです。西鉄電車といえばミント味アイスのような薄いブルーグリーンに赤ラインのイメージが強いので「ブルー・イエロー・レッド」(戦隊ものみたいだ)がコーポレートカラーとはまったく知らんかった。全体の雰囲気はなんとなくJR西日本223系風ですが側面は村上、いや阪神の9000系っぽいです。おおむねあと一歩くらいのところでどこか垢抜けないデザインになってしまう(失礼、いやまあそれが味というものだ)西鉄的には実は画期的にかっこよさげな車両ではないだろうかという気がします。

 導入目的は600、700系の置き換えで、主に急行電車に使用とのことです。最後に西鉄に乗ったのは8年くらい前なので今の様子を知らないんですが、急行って主に2000系を使ってるんじゃないのか?となると玉突きで2000系がローカル運用に入るんでしょうか。俺が大牟田線沿線住民だったころは2000は看板電車で、普段乗るのは600と1000が幅を利かせていたので久々に600系に乗ってみたい気がする。あと、西鉄のことを「急行電車」って(普通でも)言う人がいるよね。あれはなぜなんでしょうか。

 そういえば以前某ネットカフェにいたら、近くにいた女の子たちが「九州に行こう」という話をしていて「なんだ福岡ってこんなに近いんだ~」と路線検索の結果を見ながらいってたんだけど、それは明らかにこっちの福岡駅だったのでそれは言ってあげたほうがよかったんだろうか。
[PR]
by amai_mikan | 2005-11-01 00:59 | 電車