<   2006年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
バイオレンスシティトレインズ
 あれ、気がついたら1ヶ月更新してなかった。特に忙しかったわけでもないんだけどなあ…というわけで久しぶりの更新がこんなネタなのもどうかとは思いますが
 鉄道員への暴行が過去最悪のペース だそうです。日本民営鉄道協会の集計なんですが、
 加盟社に記録が残っている00年にさかのぼって集計した。乗客同士のトラブルの仲裁に入ってけがをした▽改札に立っていたら乗客に言いがかりを付けられ殴られた――などのトラブルが00年は72件だったのが毎年増加し、昨年は139件。

 そして昨年12月からの半年ですでに97件に達している、とのこと。これは大手私鉄15社の集計であってJRは入っていないので、実際に起きている「鉄道員への暴力行為」はもっとずっと多いであろうことが容易に想像できます。

 まあ暴力行為が増えているという時点でかなりどうかと思うのだが、これの一番の問題は「労災認定されないと個人加入の傷害保険で対応せざるを得ない」というところ。これだけ多いのなら、「駐車監視員」並みに何らかの権限を持たせるような(たとえば殴ったら公務執行妨害罪になる、とか)法整備が必要なのでは?国鉄時代の駅長や専務車掌は司法警察職員の権限を持ってたそうですが、警備員ですら特に特別な権限がないということを考えると(確か何もないはず…実は親父が警備会社に勤めてます)、私鉄の駅職員に何らかの権限を与えるのは難しいのだろうか。

 個人的に、こういう犯行はオッサンが多い気がします。学生時代ですが、某線でポイント不転換かなんかで列車が遅れたとき、大声あげて駅員に絡んでるバカオヤジがいたので「お前いい年こいて駅員に喧嘩売れば列車が来るとでも思ってんの?」とか喧嘩を売ったのを思い出した。まあ若気の至りですが、金髪のアホ面兄ちゃんに人前で説教されるなんて悔しかっただろうなあと思うと笑いがこみ上げてきてざまあみろって感じです。

 しかし、俺が加入している某ソーシャルネットワークシステムでこのニュースについて書かれたコメントを見たら「いつぶん殴られてもおかしくない 」とか 「しっかり仕事しない鉄道員は殴られて当然」とか書いてる奴がいたりして驚きです。そりゃあ俺だって役人やおまわりや鉄道員にムカつくこともありますが、殴られて当然なんて全く思わないし平気でネット上にそういうことが書けてしまう人のセンスを疑う。
[PR]
by amai_mikan | 2006-07-05 01:54 | 雑記